東京の通信制高校へ進学する際の注意事項とは

通信制高校への入学を考える場合、入学金や授業料、その他の費用はどれくらいかかるのでしょうか?

学費だけで高校を決めるわけではありませんが、選択肢の一つにはなりえます。

ここでは東京の公立の通信制高校と私立の通信制高校の違いや全日制高校との違いをご紹介していきます。

東京の通信制高校公立へ進学を考える場合

東京都であると、入学金で500円、単位制で1単位あたり336円になります。

通信制高校では授業料ではなく受講料と呼びます。

受講料とは別に費用がかかります。

1つ目は日本スポーツ振興センター共済掛金です。

これは子どもが学校の管理下で「ケガ」をした時に保護者に対して支払われる給付金です。
日本スポーツ振興センター共済掛金は年間165円になります。

2つ目は実習に必要な教材費です。

これは科目によって異なります。

3つ目はレポートなどの郵送費です。

第四種郵便物として特別扱いになるため、100グラムまでは15円です。

ちなみに受講料は神奈川県の場合、1単位350円(平日登校履修者の場合は1単位700円になります。

大阪府では入学金500円、1単位330円(別に聴衆講座があり1講座3,300円もあります)になっています。

東京の通信制高校私立へ進学を考える場合

私立校区の場合、入学時期やコースによって年間費用が異なるため例を挙げます。

代々木アニメーション学院高等部の場合は、一年間の学費は330,000円で入学金は5万円です。また、授業料は単位数×20,000円になっています。

通信制高校と全日制との違い

全日制高校との違いとして、入学金は5,650円と
通信制公立高校
と比べると高く、
通信制私立高校
と比べると安くなっています。

授業料は年間118,800円になっています。

ちなみに定時制高校と比較すると、入学金は2,100円で年間32,400円と定時制の方が安いことが分かります。

ひと目で見て分かるように、通信制高校のほうがはるかに安くなっています。

私立の全日制高校の学費は異なりますがかなり高くなっています。

文部科学省の調査によると私立高校全日制の入学金は平均で161,580円、授業料の年間は383,598円で、施設設備費が170,466円となり年間で合計715,644円かかります。

また、私立高校は修学旅行で海外に行くケースが多く、そのための積立金も多額になります。

私立高校はなにかとお金がかかることが分かります。

このように通信制でも全日制や定時制でも、公立の方が安いことが十分に分かります。

サポートが充実しているのは私立の通信制高校!

先ほど述べたように公立高校の方が安いことがわかりましたが、サポートが充実しているのは私立高校です。

途中で挫折しないように学習の問題点やつまずいてしまった場合は早く見つけ、対応してくれるため、苦手ができにくくなります。

勉強のことはもちろん、日々の生活についてなど色々なことを聞くことが出来ます。

また、私立高校の場合、レポートがインターネットでの提出が可能になることや、テスト、スクーリングの日程についても私立高校のほうが、融通が利きやすくなっています。

一方、公立の通信制高校は自力で学習を進めなくてはいけないため、強い意志が必要です。

通信制高校を選んで受講する人の多くは様々な環境や事情があるため、手厚いサポートがある私立高校がオススメです。

通信制高校から就学支援金制度を利用し学費負担を減らそう!

平成26年4月以降に入学する人を対象に「高等学校等就学支援金制度」を利用することができます。

これは国公私立を問わず、一世帯あたりの収入、(市区町村民税所得割額が30万4,200円未満)の生徒に対して国が支援金を支給してくれる制度になっています。

ただし下記のどれか一つにでも当てはまる場合、対象外になります。

  • すでに高等学校を卒業したことがある
  • 在学期間が48ヶ月を超える場合(休学を除く)
  • 保護者の市区町村民税の所得割額が30万4,200円以上の場合
  • これらに当てはまる場合は、高等学校等就学支援金制度を利用することは不可能なので注意しましょう。

    また、この高等学校等就学支援金制度は通信制の私立高校も対象であるためぜひ、利用して進学しましょう。

    奨学金や特待生を利用することも

    就学支援金制度を利用しても、費用が足りない…という人は学校が用意する奨学金や特待生の制度を利用することも1つの手段です。

    奨学金などは日本学生支援機構等の学校が参加している基金などに審査依頼して利用することが出来ます。

    ただし、返済義務があり利子がかかる場合があるため借りる前に返済することが可能であるかよく考える必要があります。

    また特待生は学校が指定する大学への進学意欲と学力が伴っている場合や、芸能やスポーツ等で成績優秀者が利用できる制度です。

    勉強や部活動など、その他の活動を頑張りたい意欲はあるが、全日制の高校には行けない人におすすめの制度でしょう。

    通信制高校の私立と公立に進学を考える皆さんへアドバイス

    いかがでしたでしょうか?

    通信制にも私立高校と公立高校があり、授業料が違うことは十分に分かりました。

    登校日日数が少ない通信制高校といってもある程度のお金がかかるのが現実です。

    「自宅学習できる自信がある」「それだけの学力を持っている」という人は公立高校でもよいでしょう。

    ただ、「不登校になってしまい登校できるか不安」「自宅学習ができるか不安」といったようなことを思っている人には私立高校に通ったほ
    うが充実した高校生活を送ることができるかもしれましせん。

    学習は重要ですが、周りの環境、学費も重要であるため、よく考えて学校を選択することをおすすめします。