通信制高校からの進学の理由で就職で不利になるのか?

皆さんは社会人になったらどのようにして就職すべきか考えたことはありますか?

学校で勉強しているときは将来の職ついて考えようとしないのが一般的でしょう。

学生時代に就職について考えることにより、自分の未来について楽しくなることができます。

「通信制高校に通っているから就職には不利になるから今はとりあえず学園生活を楽しみたい」と考えている人は少なくありません。

実は、通信制高校から卒業した人でも大手企業などから内定をもらえることもあるのです。

今回は、通信制高校からの就職状況やなぜ不利にならないのかについてご紹介していきます。

通信制高校卒業生の就職事情

平成25年度文部科学省の発表によると、通信制高校から卒業した学生の進路先はいかになります。

大学進学・・・・17.3%
専門学校進学・・24.2%
就職・・・・・・15.2%
その他・・・・・43.1%

データから「その他」という部分が他の四つと比べて最も多いことが分かります。
「その他」という分野には、世間でもよく知られる“フリーター”や“ニート”と呼ばれるような人が存在しています。

こういった方は定職に就かず、進路が不明な人がいます。

「その他」の分野に所属している人は通信制高校の選び方に失敗した人が進路に悩みを持っていることが多いでしょう。

つまり、正しい学校に進学をできた場合は、「その他」以外の分野に入ることが多くなります。

学校を選ぶ際はこういったことを踏まえて決めていきましょう。

通信制高校からの就職はマイナスになるのか?

文部科学省のデータを踏まえた場合、職を就くことに対して不利な印象を抱えこむことは無理ありません。

「通信制高校から卒業しました」と書かれた履歴書を企業側が見た際はどのような反応を受けると思いますか?

企業の面接官は何の反応もだしません。

なぜなら、通信高校から卒業した履歴書には“通信制過程”と記載されないからです。

実は、通信制、全日制、定時制などの卒業資格は同じものだからです。

そのため、企業の面接官は全日制高校から卒業した学生と同じような対応をしてきます。

ただ、場合によって、「あなたは学校でどういったことを勉強してきたの」「どういった学校生活を過ごしてきたの」など、面接官に聞かれ、その問いをこたえる際に通信制高校の学生だと情報がポロリと洩れる可能性があります。

そのため、通信高校にありがちな「現実逃避している学校」「コミュニケーションに問題がある」「ろくでなしが行く学校」というような偏見を持つ面接官もいるかもしれません。

「結局、通信高校から卒業することは就職に不利になるじゃん」と疑問を出す方も多くいるでしょう

皆さんは知らないと思いますが、企業の面接官は通信新制高校に対して、あまり知識を持たないのが多いです。

また、最近では世の中で通信制高校に対してよいイメージが多くなったこともあり、通信高校イコール悪い学校ではないようになりつつあります。

実際、このような学校は決してラクに卒業できません。

全日制高校と比べて自由な時間がたくさん確保できた一方で、自分で計画を立てながら勉強をしなければ指定とされる単位をとなければ卒業することはできません。

勉強の時間を自己管理して行うことは、先生の指示だけで動く全日制高校の学校の学生とでは大きな違いになります。

企業の面接官に、通信制高校の特徴をもとに、自分の強みをアピールすることが大切だと言えます。

就職を有利にする4つのコツ

役立つ資格を見つける

高校を卒業した後、社会に出て仕事をしたい学生は、学校の在籍中にビジネスに役立つ資格を獲得することで履歴書が充実し、行きたい企業から内定がもらえやすいようになることでしょう。

例えば、会計関連の資格はどの企業も欲しがるスキルです。社会人でも取得することが難しい公認会計士資格に合格すれば大手企業から内定をもらえることは夢ではありません!

「社会人でも取得困難な公認会計士の資格を学生の俺らが合格できるわけないでしょ」とあきらめている方がいるかもしれませんが、通信制高校の学校によっては専門の資格に特化した学校もあるのです。社会人とは違い、自由な時間をたくさん持っている学生時代の時にたくさん勉強すれば資格獲得は決して難しいことではないのです。

公認会計士の資格のほかに、秘書検定、電卓技能検定、英検など、たくさんあるので、自分が行きたい企業と自分が興味を見ながら資格を探してみてみましょう。

上の方でも少し紹介しましたが、資格取得に特化した通信制高校はたくさんあるのでぜひ、資格の獲得をチャレンジしてみてください!

アルバイトで経験を積む

接客業や小売業などの会社を目指している方はアルバイト経験をしてみてください。

アルバイトをすることで社会人と一緒に仕事ができるほかに、お客さんと触れることができます。

お客さんとして使っていたコンビニや百貨店を店員として働いた場合、同じ場所でも過ごし方や考え方は完全に変わります。

また、アルバイトは敬語で人に接しなければならないため、社会人になった際のマナーは徹底的に学ぶことができます。

このように、アルバイトの経験は就職に置けてとても重要なことになります。

専門性の学校を選ぶ

上の方で少し触れましたが、専門性に特化した通信制高校で勉強すればよい企業に就職することはできます。

パソコンのプログラミング(システムエンジニア)や会計は現在の社会で必要となるため、こういったスキルを身につければ大手企業からの内定はたくさんもらえることでしょう!

大学進学を目指す

大手企業からたくさん内定を欲しいのであれば大学進学はその実現に大きく近づくことができます。

履歴書と同様、通信制高校から卒業しても“通信課程”というようなことは書かれません。

そのため、大学受験で不利になることは決してありません。

最近の通信制高校は東京大学、早稲田大学など難関大学の進学に特化した学校がたくさんあり、実際にたくさんの卒業生が難関大学と呼ばれる大学に合格しています。

高校を卒業して就職に不安を抱える方は、大学進学に不安を払拭しましょう!

スムーズに就職する際に必要な準備で必要なこと

いかがでしたでしょうか?

皆さんが抱え込む不安を少しでも解決することができたでしょうか?

就職を有利にする方法はたくさんあります。

どの方法が自分に適しているのかは自分の心に聞く以外にありません。

自分は今後どういった人生を送りたいかで取り入れる方法は異なります。

もし、今後のリクルートに対してまだ悩みを抱えているのであれば、通信制高校から大学進学をし、意識もって学生生活をすれば、目指す企業から内定がもらうのは確実でしょう。