通信制高校からでもあの有名大学に進学できる!

通信制高校というとあなたはどのようなイメージを持っていますか?

「問題児が多く集まる人」
「高校卒業資格を取得するために入学する大人が多い」
「負け組が通う場所」

など、こういった印象を持つ人が少なくありません。

今後大学進学を目指す学生には縁のない学校だと感じる人が多いです。

しかし、通信制高校から東大や京大、早稲田、慶応義塾などの難関大学に進学することが出来るのです。

今回は、通信制高校に対して悩みを持つ方に、どういう場所なのかを紹介していきます。

通信制高校に対しての悩みとは

通信制高校に対して悩みを抱える生徒は沢山います。

「元から通信制高校に対して興味を持っていたが、大学の進学を考えると全日制高校の方が合格しやすい」と考え、一般校に日続き通う人がいました。

ここで一言いいたいことは、希望校の大学に行けるかは全日制高校かどうかではなく、自分次第で決まります。自分の努力次第で行けるかどうかが決まります。

高校卒業率は100%というのがこういった学校の強みだと捉えている人が多いのかもしれませんが、実際には大学、短大、専門学校の進学率にも力を入れています。

通信制高校にはたくさんの学校がありますが、私立大学といえば、早稲田・慶応・上智・青山・中央大学、国立大学といえば、東大、京大、横浜国立、九州、電気通信大学などが上がりますが、そういった数々の名の知れた有名大学に通信制高校から沢山合格者を出しています。

そのため、全日制高校かどうか関係なく、自分の努力次第で有名大学に進学できるか否かが決まります。

通信制高校が進学に強い理由

進学に強い理由には学校の様々なユニークな取り組みがあるからです。

自由な時間を確保できる

通信制高校は自宅で勉強をすることが出来るため、自由な時間が多いと皆さんの中では捉えています。

実際はそうです。学校には毎日通わなくてすむためアルバイトでお金を稼ぎながら勉強することが出来ます。学校では仕事と勉強を両立することが出来ます。

これは個人差のため、あまり比較することは難しくなりますが、今後希望校を目指す人であれば、一日中の時間を勉強に費やすことが出来ます。全日制高校ではこういったことは実現不可能ですね。全日制の学校だと、授業や教室など、全て学校で統一しているため、自由な時間はほとんどありません。そのため、美術や家庭科など、興味のない授業にも出ないといけません。

通信制高校では団体で動くより、個人の状況で勉強時間を作ることが出来ます。勉強できる量の差では全日制高校に勝利しています。

「確かに勉強時間では利点があると思うが、勉強を全て自分でやらないといけないため、勉強の管理スケージュールが苦手な人はいくら時間があっても効率的に勉強ができないのでは」というような声が聞こえてきています。

もちろん、誰も管理されないところで勉強するのは、非常に難しいです。

自宅にいるとテレビ、ゲーム機、ケータイなど、たくさんの誘惑と戦う必要があります。誘惑に弱い人は、言うまでもなくすぐにそっちのけに走ってしまって、効率的に勉強をすることが出来ません。

安心してください。通信制高校はそういった状況の対策があります。

それがサポート校を利用することです。

サポート校

先ほどまでは、週に一回もしくは、最低年に三回学校を通うことが出来ると言いましたが、その他に、週に二回や五回の通学コースもあります。

ただ、学校にだけ通ってもやはり希望校に合格することは難しいこともあります。

その場合はサポート校を活用することをおすすめします。

サポート校とは、簡単に説明すると塾や予備校と同等なものだと捉えていいです。

大学進学を目指す全日制高校の学生は塾や予備校まで行って勉強します。

一方、通信制高校では違います。学校内でプロの塾講師の指導を受けることが出来るのです。

また、サポート校には知られている塾や予備校も入っています。

例えば、トライ式高等学院では「家庭教師のトライ」と協定を組み、希望校を目指す学生の力となっています。

これは余談ですが、トライ式高等学院の2018年の速報によると、

東大・京大ほか国公立で12名
早稲田・慶應・上智・東京理科で7名
GMARCH・関関同立で44名

など今年に合計356名の合格者を出しています。

このように全日制高校にはない特徴を通信制高校には持っています。

いつから入学しても可能

いかがでしたでしょうか?通信制高校に通うことを悩んでいた人は学校の魅力を感じていただけたでしょうか?少しでも新しい認識をとっていただけたなら幸いです。

「今は高校二年生だけど通信制高校に編入して間に合うのかな」と学校に興味を持ち始めるが、学校の授業に追いつけるかどうか不安を持つ人が現れます。

安心してください、あなたが高校何年生、いつ頃に編入を考えていても、通信制高校ではいつでも編入することが出来ます!

実際に、ほとんどの人は編入から通信制高校に入る人が多いです。

学校を選ぶ際は、複数の学校の資料を申請して見比べることをお勧めします。最低でも5校ぐらいから分析することが良いでしょう。学校によって雰囲気が異なるので自分にあった学校を探すことが重要です。

どういった学校が良いのかわからないと悩む方は、当サイトの進学に強い通信制高校一覧から参考としてみてください。きっとあなたが興味をわく学校が見つかるでしょう。