有名私立大学の進学に強い通信制高校興学社高等学院とは

「自分で勉強することが不安」、「授業に追いついていけるかどうか不安」、「行きたい大学に合格できるかどうか不安」など、そのようなトリプル不安を解消できる通信制高校があります。それが、興学社高等学院です。興学社高等学院は有名私立大学の進学に強い通信制高校です。ここでは、進学実績の紹介や進学に強いのかを徹底的に解説していきます。

通信制高校興学社高等学院のPR

高卒資格率100%

興学社高等学院では、高校資格を合格する確率は100%です。他の通信制高校では卒業率が100%どころか、3年間のうちに卒業することは多くありません。この学校では、卒業率は100%だけでなく、3年間の卒業率も100%です。
もちろん、卒業をした中には進学を考える生徒もいます。この学校は有名大学の合格者を沢山配属してきました。

  • 興学社高等学院 平成20~29年度卒業生卒業後の進路 卒業生288名
  • 大学進学実績:早稲田大学、明治大学、青山学院大学など
  • 短期大学進学実績:大妻女子短期大学、女子栄養短期大学、宇都宮文星短期大学など
  • 千住福祉専門学校、東京自動車大学校東京電子専門学校、成田筑波航空専門学校など
  • というようなたくさんの進学実績を持っています。

    では、なぜこんな高い進学実績を持っているのでしょうか?実は興学社学院には様々な取り組みがあるからです。

    興学社高等学院が進学に強い理由

    授業の豊富(1)

    興学社高等学院には必修科目と選択科目があります。

    • 必修科目:国語、数学、英語、SST(ソーシャルスキルトレーニング)を取ればあとの授業は自由に選択できます。自由選択科目には様々なジャンルの受業が設けられています。
    • 一般教科:習熟度数学、地理、歴史、理科実験、漢字検定、パスコン検定など
    • パソコン:word、excel、ブログ、タイピング、RPG作成など
    • 運動系:ミニ体育、ピラティス、エクササイズ、保健体育など
    • 芸術系:アンサンブル、コーラス、オカリナ、モダンアートなど
    • イラスト系
    など、一人ひとり自分が好きな科目、将来の自分のためになる科目を総合60種類の中から選択できます。

    このような科目は全日制高校にない授業です。毎日に勉強が楽しくなるに間違いありません!

    人と関わるチャンスが多い(2)

    「通信制高校はほぼ自宅で勉強してるでしょ」と言われますが、興学社高等学院では少し違います。この学校では、週5通学型で全日制高校と同様です。

    全日制学校と異なる点として、クラスが固定されていないことです。授業ごとに教室が変わります。そのため、全日制高校のような同じ教室で同じクラスの人と勉強するのではなく、授業ごとによっていろんな人と出会えます。ここでは学校全体の学生がクラスメイトなのです。
    これにより、コミュニケーションが苦手だった生徒も時間が経つにつれて話すことに苦手意識が少なくなります。コミュニケーション能力は大学を進学する際に重要になるだけでなく、今後社会で働いても必要不可欠な能力になります。興学社高等学院ではそれらの力を鍛えることが出来ます。

    これは余談ですが、この学校の特徴として、朝10時に学校が始まるため、通勤ラッシュの多い朝7-9時の時間帯に電車を乗らなくて済みます。毎日余裕をもって通学することが出来ます。

    通信制高校興学社高等学院のソーシャルスキル・トレーニング(3)

    最初の話に戻りますが、この通信制高校では生徒の学力とコミュニケーション力を鍛える教育環境にあります。その1つの仕組としてソーシャルスキル・トレーニングがあります。これは人と話すのが苦手、自分の居場所がないと感じる人を不安から乗り越える為のプログラムです。

    たとえ、勉強がよくても、まともなコミュニケーションができなければ社会では活躍出来る人間にはなれません。
    そういった苦手意識を失くすためにこのプロジェクトが作られました。

    通信制高校興学社高等学院高校の学費

    全日制学校にはない豊富なジャンルのプログラム60種や勉強やコミュニケーションに対して苦手意識を持つ人のために作られた独特なプログラムがあるため、学費は若干高額です。

    学費:960,000円(年間)
    コースの選択によって値段が変わります。

    総合進学科
    • 授業料(初年度、2年次、3年次)540,000円
    • 施設・教材費(初年度、2年次、3年次):100,000円
    • 学籍費用(初年度、2年次、3年次):210,000円
    • 年度合計(入学金抜きの場合):850,000円
    • 入学金:100,000円

    特進科
    • 授業料(初年度、2年次、3年次):770,000円
    • 施設・教材費(初年度、2年次、3年次):100,000円
    • 学籍費用(初年度、2年次、3年次):210,000円
    • 年度合計(入学金抜きの場合):1,080,000円
    • 入学金:100,000円

    リベラルアーツ科
    • 授業料(初年度、2年次、3年次):770,000円
    • 施設・教材費(初年度、2年次、3年次):120,000円
    • 学籍費用(初年度、2年次、3年次):210,000円
    • 年度合計(入学金抜きの場合):1,100,000円というようなことになっています。

    コースの特色
    総合新学科
    小中学校の基礎学習のほか、必修科目を除く多数の授業の科目から選択することが出来ます。
    また、このコースでは大学試験や就職など、幅広い進路選択に対応しています。

    特進科
    この学校では東進衛星予備校と協力をし、大学進学を目指す学生向けに設けたコースです。希望大学に行きたい生徒にはオススメできます。

    リベラルアーツ科
    文系理系を問わず、生徒の特性を活かした科目を整えています。その生徒にあった才能を活かせるコースです。当コースでは特にソーシャルスキル・エデュケーションに力を入れています。
    これらのように、興学社高等学院には制度一人ひとりの需要をマッチングした教育プログラムが沢山あります。後悔のしない高校時代、今後の人生にも今から行動しましょう。

    興学社高等学院を考えるみなさんへ

    学費は通信制高校の中でもやや高めです。ただ、興学社高等学院では、東進予備校の講師を率いて受験の指導をしてくれます。高校卒業資格+予備校という構成であれば、学費も納得できないこともないですね。
    この学校は私立大学の進学には実績を持つが国公立大学等に関して実績がまだ持っていないので、国公立大学に進学を考える人は他の通信制高校を考えてみてください。