保育士を目指すなら通信制高校に進学を!

「子供が好きだから将来は子供と関わる仕事をしたい」というように保育士を目指す人たちがいます。「今の保育士は売り手市場だから高校卒業しても普通に就職できるのでは?」というように考えている方がいます。

確かに高校卒業してから保育士として就職はできます。ただ、大学卒業と高校卒業ではいろいろと不利なことが生じます。

そこで今回は高卒、大学卒のメリットとデメリットについて紹介します。

通信制高校から進学して保育士を目指す利点

保育士の市場は今不足問題に陥っていて、就職するのがラクだと、大学や専門学校に進学しなくても良いと考えている人がいます。その解釈は正しいこともありますが、根本な違いがります。それが優遇です。

高校卒業した場合

高校卒業してからその職種を目指す人は保育士として必ず通らなければならない資格受験をする必要があります。

保育士試験は誰でも受けられるとは限らず、一定の条件をクリアしなければなりません。

中卒の場合、児童福祉施設において5年以上として7,200時間以上勤務しなければ受験資格が得られません。指定された試験をしない限り、アルバイトやパートとして働くことは可能ですが、正社員として働くことは難しいです。これは高卒の場合も同様です。

中卒と高卒は受験資格を得るために児童福祉設で時間勤務する必要があります。ただ、高卒の場合は2年以上かつ2,880時間以上勤務すれば受験資格を得ることができます。

高卒は中卒より勤務する時間が少し緩和されています。

大学・専門学校から卒業した場合

大学・専門学校の卒業後はどうでしょうか?

大学や短大、専門学校に進学した人は、卒業後に保育関連の仕事に就いた場合、そのまま保育士資格を取得することが出来ます。中卒や高卒みたいに資格の受験を得るために数々の条件をクリアせずに保育士資格を得ることが出来るのです。

これから、大学、短大、専門学校の三つについての違いを話していきます。

大学の場合

  • 専門分野の知識を幅広く学ぶ
  • 実技を行う
  • 就職においての準備をする
  • など、たくさんのカリキュラムが充実して勉強することができます。

    短大

    短大は大学と違う点として勉強できる年月数です。2年間で保育士になることができますが、短い期間の中で勉強をする必要があります。そのため、四年制大学とは違い、スケジュールがハードになることが多いです。

    ただ、4年生大学の学費と比べると安いので早く保育士を目指したい方にはオススメです。

    専門学校の場合

    専門学校には二つの勉強方法があります。それが毎日学校に通うスクーリングと自宅勉強を主にして自習勉強する通信制の方法です。

    通信制の方法では、自身で勉強をしなければならないため、計画的に行わない場合が多いため、スクーリングの人と比べて卒業率は低くなります。

    その代わり、勉強しながらお金を稼ぎたい人にとっては良いでしょう。計画的に勉強をする前提であれば卒業することはできる可能性が高くなります。

    保育士になりたいなら通信制高校に進学しよう

    保育士になるには2つ方法があります。高校卒業後に就職と大学卒業後に就職です。

    先ほどまでは高校卒業後よりも大学、短大、専門学校に進学した方が就職にメリットがあると言っていましたが、実は高校卒業からでも利点があります。それが通信制高校に進学することです。通信制高校では保育士になりたいと目指す学生にたくさんの取り組みをしています。

    高校にいながら子供と触れ合う機会がある

    通信制の学校にもよりますが、通信制高校ではたくさんのコースがあります。通信制高校ヒューマンキャンパス高等学校では、保育士を目指す学生にはいち早く現場を体験させていくために、ヒューマングループの保育園・学童で保育体験をさせます。

    生徒が将来目指す職種はもう定まっているかもしれませんが、この保育体験を受けさせることで、自分が本当にこの仕事がやりたいのかを気づかせる機会になります。また、この体験を得てこの仕事が楽しいと思う人が増えれば、将来の為にもっと努力する姿勢にもつながっていきます。

    この学校では、この学校は総合学園ヒューマンアカデミーチャイルドケアカレッジこども保育専攻と連携していて、高校卒業後に指定校推薦で直接保育関連の学校に進学することができます。

    この指定校に合格すると入学金が免除され、国家資格の資格を獲得できます。

    通信高校から保育士を目指す学校はたくさんある

    今回はヒューマンキャンパス高等学校を簡単に紹介しましたが、この学校以外にも保育士を目指す学校はたくさんあります。

    そのコースの中に保育士関連のオプションコースがあります。このコースに入学すると、様々な体験実習を受けることが出来ます。学校周辺の地域の保育園に訪問し、子供と触れる体験をすることが出来るほか、実際の業務を体験することもできます。

    通信制高校では、インターン先の紹介、子どもと触れ合う機会など、全日制高校にはない充実した経験を得ることができます。

    保育士を目指すみなさんに

    いかかでしたでしょうか?通信制高校について新しい認識を得ることができたでしょうか。通信制高校は自分の夢をつかむためにたくさんの機会を与えてくれる場所です

    通信制高校は自分が本当に保育士に向いてるかがわかる場所でもりますし、自分が目指す夢の為に頑張れる学校です。