有名私立大学の進学に強い通信制高校飛鳥未来高等学校とは

「大学に行きたいけど、今の学校の勉強に追いつけず、どのように勉強すればよいか分からない」「今の学校環境が馴染めないため学校に行くのが楽しくない」「真剣に希望校を目指したいけど、独学では心配」「どの進路を歩めばよいかまだ迷う」など、通信制高校飛鳥未来高等学校ではその悩みを解消させます。

飛鳥未来高等学校は有名私立大学の進学に強いほか、学生が自由に勉強しやすい環境を持つ通信制高校です。ここでは、進学実績の紹介や進学に強いワケについて暴いていきます。

通信制高校飛鳥未来高等学校のPR

飛鳥未来高等学校の進路決定率は90%以上!

飛鳥未来高等学校では、進路決定率は90.4%です。通常、一般の通信制高校へ通っても、今後自分がやりたいことがなんなのか、高校卒業しても進路を決められない人がいます。この学校ではそういった状況は少ないのです。高校卒業までには自分が今後進みたい道を既に定まっている学生が大半です。

また、飛鳥未来高等学校は沢山の進学実績を持っています。通信制高校は16以上から90歳以上まで幅広い年齡代の人が勉強できます。そのため、年齢層によって高校卒業の資格を取得するために通う人がいます。その一方で、10代後半の人は進学や就職を考えて学校きています。この学校では有名私立大学や専門学校の合格者を多く輩出しています。

  • 大学進学実績:慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学など
  • 短期大学進学実績:京都外国語短期大学、帝京短期大学、創価女子短期大学
  • 専門学校進学実績:AST関西医療専門学校、ECCアーティスト専門学校、ESP学園など
  • というようなたくさんの進学実績を持っています。

    高い進学率を持っていられるのは飛鳥未来高等学校ならではの仕組みがあるからです。

    飛鳥未来高等学校が進学に強い理由

    通信制高校飛鳥未来高等学校コースが多用

    飛鳥未来高等学校には7つのコースを設けています。他の通信高校と比べてコースの数は多いです。

    6つのコースはこちらです。

  • ベーシックコース
  • スタンダードコース
  • 3DAYコース
  • 5DAYコース
  • 美容師免許取得コース
  • アカデミー
  • 今回は、大学、短期大学のコースについて紹介します。

    ベーシックコースの特徴

    ベーシックコースは年間20日間程度の通学で大丈夫です。
    週1日から5日まで、自分の生活スタイルに合わせて自由にとうこうすることが出来ます。自分の時間と有効活用したいと考える人にとっては適しています。

    ただ、学校に通学する回数が少ないため、勉強のことで質問をしたくても、なかなか学校の先生と相談ができないデメリットがあります。安心してください、当学校では教員が生徒に合わせてサポートをしてくれます。そのため、なかなか学校に通わない生徒でも教員はいつも心かけてくれます。

    スタンダードコースの特徴

    スタンダードコースではベーシックコースと同様、自分のペースに合わせて学校へ通学することが出来ます。ベーシックコースと異なるところは、学校のホームルームに行かなければなりません。同期の人と出会える機会があるので、皆と楽しく高校生活を過ごすことができます。引きこもりの回数が多かったため、毎日は無理だけど、週に1度なら同期の人と合ってもいいというような人には最適なコースです。

    3DAYSコースの特徴

    3DAYSコースはスタンダードの進化版です。このコースでは週3回学校へ行く必要があります。同期とコミュニケーションを取りたい人、勉強で分からないところをすぐ先生に質問をしたい人、レポートをしっかりこなしたい人は適するコースです。

    5DAYSコースの特徴

    このコースは週5回通学する必要があります。大学への進学を考える人が多く利用しています。平日の曜日を3つ選択し、高校卒業資格のための勉強をします。残りの曜日はアカデミーの中から好きな分野の技術習得を目指せます。アカデミーの中には進学・補習・ビューティー・医療事務・クッキング・パソコンの6つから選ぶことが出来ます。自分が興味のある科目で同じ価値観を持つ友達とも出会えるチャンスが訪れるかもしれません。

    通信制高校飛鳥未来高等学校の学費

    ベーシックコース学費

    高校二年生に飛鳥未来高等学校を入学した際の学費を事例としてあげます。

  • 入学金:10,000円
  • 施設・設備費(年間):60,000円
  • 単位履修料:1単位8,000円×28単位=224,000円
  • 補修費:100,000円
  • 教材費:30,000円
  • 通年の学費は424,000円になります。全日制高校と比べて学費は高いです。

    ただ、この学校には就学支援金を受けることができます。

    就学金支援金とは授業料の一部を国が負担する「高等学校就学支援金」制度です。これにより、対象外の通信高校とは異なり、学費の負担を削減できます。

    就学金支援金の制度は家庭の年収に応じて発生します。単位数に付き4,812円の割引が効きます。

    割引が適応後の通年学費がこちらになります。

  • 424,000円ー4,812円×28単位=134,736円
  • この学校では卒業条件として74単位履修しなければなりません。一年生に28単位、2年生に25単位、3年生に21単位というよう目安となっています。

    そのため、ベーシックコースにおける3年間の単位履修料は

    592,000円(8,000円×74単位)ー356,088円(4,812円×74単位)
    =235,912円

    スタンダードコース学費

    スタンダードコースの学費はベーシックコースとほぼ変わりません。

    3DAYコース学費

    学費は上記のコースとほぼ変わりませんが、3DAYコースでは学校に通う必要があるため、

  • 特別活動費:有料の行事を申し込んだ場合は1行事に付き2,000円~5,000円の間
  • 教材費(一年間):30,000円
  • が追加金として課されます。

    5DAYコース学費

    5DAYSコースの学費は3DAYSコースとほぼ変わりません。例外として、ネイルアカデミーに入った場合一年間で270,000円になります。(選択アカデミーによって金額が違うことがあります。)