面接で通信制高校の進学を目指すコツ

キャビンアテンダントやりたい、アニメのディレクターやりたい、希望校の進学を目指したいなど、様々な理由で通信制高校を通う人がいます。

ただ、自分の将来のためには通信制高校の入試で必ず通らなければならない面接を突破しなければなりません。学力試験はほぼありません。

そこで、今回はこれから通信制高校に目指す方に、その入試策やどういった内容が出てくるのかについて紹介していきます。

通信制高校の進学に必要とされる面接の内容とは

通信高校の面接は学校や生徒さんの事情によって時間は様々です。長くなることもあれば短いこともあります。

試験にかかる平均時間を出してみましょう。

  • 長い場合:20分
  • 短い場合:5分
  • 平均時間:10分程度
  • というように、一回の試験にはそこまでかかりません。

    面接で聞かれる内容

    通信制高校ではたくさんの質問が出されます。ここでは主に出される質問を出していきます。試験官が生徒に出す内容として以下があります。

  • なぜこの学校を選んだのか
  • この学校でどういったことを得たいのか
  • この学校に進学したいキッカケは
  • どのような学校生活を送りたいのか
  • 通信制高校を通う理由はなぜか
  • 自分は何を目指してるのか
  • 自分の将来像は何か
  • 今後何をしていきたいのか
  • など、出してくる質問は様々ですが学校側は主に生徒の志望動機をみています。

    この他に、自分の強みと弱み、中学校でどのように過ごしてきたか、趣味が何かなども聞かれることもあります。

    めったにありませんが、ある学校では知事問題について生徒の意見を聞いてくることもあります。

    学校によっても質問内容は様々ですが、どの学校も生徒の志望動機を探っていることを忘れないで下さい。

    そのため、上に挙げられた質問を最大限簡潔に答えられる準備をしておくことが必要です。

    面接におけて気をつけること

    自分を飾ろうとウソをつくことはやめましょう。試験官はありのままの生徒さんをみたいのです。自分が思ったことを素直に話す人を試験官は好みます。

    「別にウソついてもバレないでしょう」と考えてる生徒さんがいます。それは大間違いです。その生徒が作り話してるか否か試験官は分かることが多いです。

    人はウソをつくと目の視線がキョロキョロしたり、声が弱くなったりしたりします。また、ウソ話をし続けると試験官はそのウソ話に対して深く質問をします。事前にその返答をどのように返すか、準備をしてこればよいが、適当に質問を返答知った場合、どうやって回答すればよいか分からなくなります。

    そのため、素直な自分を試験官に伝えること一番です。素直な態度を望むことが、いろんな質問を上手くキャッチボールしながら返すことが出来るのです。

    面接では偽りの自分を出すのは辞め、試験官と楽しく自分のことを話すことが大切なのです。

    通信制高校が面接でしりたいこと

    ここまで、面接における対策を話して来ましたが、学校側はなぜこういった質問をしてくるのかその理由を解明していきます。

    上記でも話してきたいように、面接では生徒さんの“ひと”を知りたいのです。

    この機会を通してどういったサポートを生徒に与えられるのかを学校側は考えています。

    志望動機の質問内容の中に「あなたの強みと弱み」を問われたのは理由があります。

    生徒の強みを知ることで、この強みをどのようにすれば強化をすべきかを学校側は対策を練ることができます。一方で、弱みを知ることでどうすれば生徒のウィークポイントを克服していけば良いか学校側は考えてくれます。

    全ての学校が生徒一人ひとりの状況によってサポートしていくことはできませんが、中央高等学院では学生一人ひとりをサポートしています。

    また、勉強は出来るが通っていた学校で人間関係が上手く行けず、学校に行くことがつまらなくなった人には、少しずついろんな人と会話をする機会を設けたり、どのようにしてコミュニケーションの向上を図れるかを学校側は考えてくれます。生徒の学力サポート以外に社会におけて必要とされるスキルの支援も充実しています。

    面接は生徒さん一人ひとりにしたいして、今後入学した後、どうやって接触していけばいか、支援していけば良いかなど、学校側は未来のことを考えています。

    通信制高校の面接時における態度

    服装

    試験に挑む際は身だしなみも学校側はチェックしています。身だしなみをみてるといっても、厳しい条件でみてはいません。

    清潔な服装であれば十分です。そのため、中・高学校に通っていた制服を着るのもOKです。相手に失礼のないような服装であれば大丈夫です。そのため、顔にイヤピースつけたり、手に指をはめるのはやておくことです。

    会話の中で気をつけること

  • 相手のしっかり見ること
  • ハキハキしゃべること
  • 素直に自分を話すこと
  • 以上の3つの“こと”を明記に応じて面接に挑んで下さい。自分に自信をもち、顔を挙げながらハキハキと話すことが重要です。

    たとえ過去に嫌なことを経験してきても、今後のことをポジティブに考えることが重要なのです。