卒業にかかる費用、公立と私立の通信制高校のどっちを選ぶべき?

通信制高校と一口に言ってもかかる費用というのは全然変わってきます。

ここではどの学校でどのくらいの学費がかかることや費用を抑えるポイントを紹介していきます!

通信制高校の卒業に必要な学費はどれくらいか?

通信制高校にも公立と私立の学校があります。

公立の学校は比較的安価で学費の内訳として入学金は500円、授業料は1単位当たり300円からであり、年間で1~3万円程度となっています。

その他で卒業までにかかる諸費用は年間約3万円です。

一方私立の学校は公立の学校に比べると高くなっています。

内訳としては、入学金は1万円~5万円程度で授業料は1単位当たり5,000円~12,000円です。年間は18万円からとなっています。その他の諸費用は年間約3万円です。

私立の通信制高校は公立に比べて費用が高いですが、公立と比べてレポート提出がWebサイトやメールで送信出来ることで登校しなくて済むといったサポート体制が充実しているとこが利点と言えます。

他にも公立ではスクーリングや期末試験の日程が決められていることが一般なため、その日に行かなければ単位が修得できないことが多いですが、私立高校では登校日やテストの日程に融通が利きやすいといった特徴もあります。

また、私立の通信制高校は費用の高さが高校によっては大きく異なっています。

担任教師のフォローを受けられるものや専門的なレッスンを受けられるものは私立でも費用は高めになっています。

反対に、公立に近いような担任教師を付けず、自主的に勉強していくような私立の高校は比較的費用は安めになります。

通信制高校の学費にかかる諸費用には何が含まれているか?

通信制高校にかかる諸費用として、

  • 日本スポーツ振興センターの共済掛金年額
  • 実習のための教材費
  • レポートの郵送代
  • スクーリングの際の交際費
  • などが挙げられます。

    学費を抑える有効な方法とは

    ある一定以下の収入の家庭は学校を通して国に申請することで文部科学省から「就学支援金」が支給されています。

    この就学支援金が受けられた場合、入学時に受講料を先払いする必要はありますが、世帯収入によって、公立と私立の通信制高校では異なることがあります。公立の場合は授業料が全額無料になることもあります。私立では年間約12万円の授業料が減額されます。

    そのため、公立だと諸経費を考えても年間1~2万円あれば公立の高校を卒業することができることになります。

    そのほかにも、入学する生徒の祖父母が孫の教育のためにと教育資金口座に学費分の金額を一括贈与する場合1,500万円まで贈与税が非課税になるという制度もあります。

    私立の高校は高額なため、この制度を使って贈与を受ける人もいます。

    通信制高校のサポート事情

    通信制高校は登校日が少ないため、自分自身で学習や管理をする必要性があります。公立の場合その傾向が強く、カリキュラム自体が単位を取るために組まれていて、生徒が卒業するための学習面や精神面でのフォローがほとんどありません。

    その一方、私立では学習に苦手意識をもつ生徒のために、前段階の勉強を教えるといったフォロー充実さがあります。

    他にも不登校やいじめを経験して通信制高校に入ったという人のためにカウンセラーを決まった曜日に設置するなどといったサポートを用意する学校も多くあります。

    公立にもサポートが全くないわけではないですが、私立の方が手厚いサポートが受けられる傾向が高いです。

    通信制高校のサポート校とは?

    通信制サポート校とは、通信制高校に通う生徒が3年間で卒業できるよう、様々な支援を行う民間の施設です。

    通信制サポート校は初年度納入金として入学金・授業料・施設費などを含め50~100万円程度かかります。

    通信制高校は卒業するためにレポート、スクーリング、テストなどで単位を修得する必要があります。

    しかし生徒が独学で行うため、途中で挫折したり、卒業に3年よりも長くかかってしまうといったケースは少なくありません。

    そのような生徒を学習面、生活面、精神面で支援するのがこのサポート校の目的です。

    ただし、サポート校のみでは「高校卒業資格」を得ることはできません。

    なぜならサポート校は学校教育法で定められた「学校」に当てはまらないからです。

    そのため、高卒の資格を得るためには、通信制高校を卒業する必要があります。

    通信制高校だけでは不安だと感じる方、目標とする大学に進学したいという方にとっては、サポート校の存在は大きな役割を果たすことができるでしょう!

    通信制高校の学費から考える公立と私立

    いかがでしたでしょうか?

    通信制高校と一口に言っても公立と私立で費用や制度が大きく変わってきます。

    学費だけを見てみると公立高校の費用は安いのということもあって魅力的だと捉えてしまいますが、学校選びは学費だけで決定するものではないことが十分に分かります。

    個人の力で計画的に勉強を取り組み、試験やレポートをこなせる方はあまり学費がかからない公立を選ぶという選択は悪くはない方法ですが、

    「勉強に躓きやすい人」
    「私生活がとても大変で両立できるかわからない人」
    「難関大学に進学したいと考えている人」

    は教育支援が充実した私立高校に進学するほうが良いでしょう!