もう多額の費用には困らない学費の安い通信制高校3選を特別紹介

「通信制高校に行こうと思っているけど、お金がなくて困ってる」と言う方も多いのではないでしょうか?

今回は通信制高校の中でも学費の安い学校をランキング順でご紹介していきます。

通信制高校鹿島学園高等学校の学費について

年間190,000円。
受講可能地域:全国。

通信制高校鹿島学園高等学校の学費が安いワケとは

この学校が学費を年間20万円まで下回ことができるのはなぜでしょうか?

それは普通、高校の費用に含まれている教科書代が含まれていないからです。

これに関しては自分で買う必要があります。もしお金がなくても古本屋などで教科書が安く売っているのでそういう所を使うと良いでしょう。

また、通信費なども含まれていないのでコレも支払う必要があります。しかし、それでもこの学校は様々な追加サービスが他の通信制高校に比べて安いです。

例えば、大学進学を目指すコースは月23000円を追加して払えば受講ができます。

通信制高校鹿島学園高等学校の魅力とは?

先程述べたように、学費が安いということがあります。

次に、自分がどれくらい学校に行きたいかでコースを決めることが出来ます。

具体的には、週2~5日のコース、週1コース、自宅学習制のコースがあります。

この通信制高校は多くの生徒を受け入れてくれます。

しかし、安いがために多くの人が応募して、定員ギリギリになることがあるため、早めの応募もオススメします。

また、女子生徒の制服(値段は30000円ほど)が可愛いなどという口コミもあり、女性の方にはオススメです。

ここでは、生徒が低金利教育ローンを利用できるため、お金についてあまり心配せずに受講ができるでしょう。

通信制高校N高等学校の学費について

年間250,000円。
受講可能地域:全国。

通信制高校N高等学校の学費が安いワケとは?

この学校はほとんどすべての授業がオンラインの通信制高校です。

登校日数は4泊5日なので学費は非常に安く設定されています。

通信制高校N高等学校の魅力とは?

上記通り、ほとんどの授業がオンラインなので、費用が安いです。

オンラインであるため、小テストやレポートもオンラインなので提出漏れなどを防ぎ、単位をしっかり落とさないようになっています。

また、なかなかこれまで引きこもりがちであった人にとっても登校日数が最低5日というのも魅力です。

高校で友達や相談してくれる人などが出来ないと思うかもしれませんが、実はN高等学校はSlackというオンラインコミュニケーションツールで友達と話したり、相談したりすることが出来ます。

そして、N高等学校を運営しているのはニコニコ動画を運営しているドワンゴと角川という有名企業なので安心して受講ができます。
これらの企業と一緒にN高等学校は様々なコラボレーションが行われています。

例えば、ドワンゴには優秀なエンジニアがたくさんいるのでそのエンジニアの方々からプログラミングを伝授してもらったり、角川と一緒に

小説の書き方を教えてもらったりすることができる授業があります。

そのほかに、就学補助金などでお金の援助ができるのでお金についてはあまり心配する必要はありません。

また、大学進学のコースもあり、授業を担当するのが一流予備校講師ですので安心してついて行けば、大学には進学できます。

ちなみに、オンライン中心のもの以外にも通学制のコースがあるので、通学しながら受けたいという人にはこちらもおすすめです。(なお、
通学制は通信制より教育費用が高めです)

ヒューマンキャンパス高等学校

年間290,000円。
受講可能地域:全国。

ヒューマンキャンパス高等学校の学費が安いワケ

他の通信制高校に比べて高いものの実はこの通信制高校は専門課程が非常に充実しているため、妥当な安さであるでしょう。

ヒューマンキャンパス高等学校の魅力とは?

この学校は先程も言ったとおり専門課程が充実しています。

コースは専門コース、専門チャレンジコース、一般通信コース、通学コースがあります。

具体的には40種類ほどの専門課程があります。

この学校の一番の特徴は、なにかこれをやりたいという人には向いている学校です。

そのうえ、教えてくれるのはその道の現役はプロなので、最先端を走る一流のプロフェッショナルです。

特に、ヒューマンアカデミーや大阪メディカルと連携しているので、自分のやりたいことをしっかりやれます。(専門課程は分野によって金
額が変動します。これは教材などの値段が異なるためです。)

また、教員と生徒の関係が密接であることも一つの特徴です。

学費の安さで通信制高校を選ばない!

以上の3つの他にも様々な通信制高校が存在しますが、通信制高校を考える際は自分に合っている学校かどうかをまず確認してみてください。

もちろん、費用も重要ですが、それに関しては多くの場合、教育ローンなどの制度を使うようにすればいいでしょう。

安さだけで選んで、結局自分に合わず辞めるというのが一番周りの人に迷惑をかけるだけではなく、あなた自身にとっても大きな損失になります。

ですから、その追加分の学費は将来の自分への投資と考えるべきです。

実際に中退するより無事卒業した方が生涯年収は確実に上がります。

学費はあまり考えず、自分への投資と思って、自分に合った学校を見つけましょう!