通信制高校から大学に進学しよう!

「全日制高校から通信制高校に移りたいけど大学に進学できるか不安」「通信制高校に入った当初は大学進学を考えていなかったけど大学に進学したくなった」このような不安を抱えている人も多いと思いますが、安心してください。通信制高校から大学に進学する人は、結構いるというのが実情です。この記事では、そんな不安をまるごと解消します。通信制高校から大学進学に必要なことや大学進学に強い通信制高校まで徹底解説します。

通信制高校から大学進学は可能か

「そもそも通信制高校から大学進学って可能なの?」という疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか。実際、全日制高校に比べると通信制高校の大学進学率は低いのが現状です。しかし、これには通信制高校に通う人は高卒認定資格が取得できれば良いと考えている人が多く、一概に全日制高校と通信制高校の大学進学率を比べることはできません。現に、通信制高校から東京大学や京都大学、東京工業大学などの難関大学に進学した人もいます。つまり、然るべき努力をすれば、通信制高校からでも大学進学は可能だということです。

通信制高校から大学進学するために必要なこと

通信制高校では、登校日数が少なく、分からないところを質問したり、同じ大学受験をする仲間と励ましあったりすることができません。そこで、いくつか通信制高校から大学進学するうえで必要だと思われること紹介します。

勉強スケジュールの自己管理

通信制高校での学習は、基本的に自分で学習スケジュールを立てるため、サボろうと思えばサボることができてしまいます。普段の通信制高校の学習ならそれでも挽回が効きますが、大学進学を考えるなら、それは命取りになりかねません。なぜなら自分がサボっている間にも、他の受験生は勉強を進めているからです。加えて、全日制高校では、学習スケジュールが学校によってある程度決められているため、勉強がある程度習慣づけられていますが、通信制高校では自分で学習スケジュールを立てるため、学習習慣が身についていない場合が多いです。そのため、意識的に学習スケジュールを立てないとすぐ怠けてしまうことに繋がります。ただ、通信制高校では全日制高校とは違い通学することがほとんどなく、履修する科目も多くないため、その空いた時間を自分がすべき受験勉強に当てることができます。また、特に私立の通信制高校では、後で詳しく紹介しますが、大学進学のための専門コースを設けている学校も多く存在します。これらのメリットを活かすためにも、ときに学校側のサポートを利用しながら、計画的に勉強を進めることが大切です。

大学進学に強い通信制高校を選ぶ

上で少し触れましたが、大学進学に強い通信制高校を選ぶことはとても大切です。通常の通信制高校では日常のレポートや定期試験をサポートする制度やありますが、受験勉強までサポートするような制度や備わっていないのが普通です。そこで、大学進学に強い通信制高校を選ぶことで、受験勉強のための手厚いサポートを受けることができ、スムーズに受験勉強に移ることができます。それでは、具体的に大学進学に強い通信制高校について解説していきます。

大学進学に強い通信制高校

まず一つ目は、「トライ式高等学園」です。「トライ式高等学園」は通信制高校としてはめずらしい、難関大学に進学することを前提とした通信制高校です。授業形式はマンツーマンで、ネット授業にも対応しています。さらに、引きこもりの生徒へのサポート体制も充実しており、卒業率は90%を超えています。受験勉強に際して、手厚いサポートを受けたい方は「トライ式高等学園」がおすすめです。次におすすめしたいのが「鹿島学園高等学校」です。「鹿島学園高等学校」の魅力は、なんといってもその通いやすさです。自宅学習コースから週1コース、週2~5コースまで幅広く用意されており、自分のライフスタイルに合った通学が可能である上に、個人指導や家庭教師制も用意されているなど、学習サポートも手厚いです。ここで挙げた2校はあくまで一例であり、他にも大学進学に強い学校は数多くあります。大切なのは、自分の学力状況やライフスタイルに合った学校に通うことです。辛くなって、途中で辞めてしまう、というようなことにならないように注意しましょう。

まとめ

以上に見たように、通信制高校からでも大学進学は可能です。ただそのためには、自己管理能力や学校からの手厚いサポートなど必要になってくる要素もあるのが実情です。しかし、通信制高校には自由な時間も多い分、全日制高校の生徒よりも受験に特化した学習が可能であるという利点があります。そして何よりも受験勉強をするのは自分のためであるという意識を持ちましょう。大学での学びは高校での学びを超えた専門性にふれることができ、自らの知的欲求を満たすための場です。自分の将来を豊かにするためにも、通信制高校だからといって、大学進学を諦めず、是非チャレンジしてみましょう。