通信制高校のスクーリングを攻略しよう!

「スクーリングってよく聞くけどどんなもの?」「スクーリングって卒業に必要なの?」通信制高校の卒業に関してこのような疑問を持っている方も多いと思います。通信制高校のスクーリングと聞くと「難しそう」と感じる方もいると思いますが、実際はそのようなことはありません。また、「わずらわしい人間関係を避けたくて通信制高校に入ったのに、スクーリングで人と話さなくてはならないなんて」と思う方もいると思います。ただ、スクーリングの回数は減らすこともできるので不安に思う必要はありません。この記事では、通信制高校のスクーリングについて徹底的に解説していくので、通信制高校のスクーリングについて知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

スクーリングはなぜ必要なの?


そもそもなぜ通信制高校に通ううえで、スクーリングが必要になるのでしょうか。まず、通信制高校の卒業には3年以上の在籍で74単位以上の修得が必要になります。そして通信制高校の卒業のためには、「レポート提出」「テスト」「スクーリング」の3つの条件を満たす必要があります。このうち、スクーリングはレポート内容について直接先生から指導を受ける、テストで出るところを直接教えてもらう、普段は会うことのない他の生徒と交流する場となる等、通信制高校のスクーリングは様々な役割を果たしているのです。したがって、通信制高校を卒業するためには、スクーリングに行くことは必須であると言えます。

通信制高校のスクーリングって何?


では、具体的にスクーリングとは何をするものなのでしょうか。スクーリングとは学校で直接授業を受けることです。先程卒業のためにはレポートの提出が必要であることを述べました。スクーリングとはこのレポートが添削され自分のもとに返ってくる場となっています。またそれ以外にも、レポートの内容や授業で分からないところがある等の場合も、スクーリングを通じて先生に直接質問することができます。また、試験前には直接テストででそうなところを指導してくれる場にもなっています。普段は自宅での学習がメインとなっている通信制高校において、このスクーリングの場は授業での疑問点やレポートの書き方などを先生に直接質問することができる貴重な機会となっているのです。具体的な授業内容としては、国語や数学、英語などは机に座って講義を受けるという形式です。学力に不安があり、スクーリングについていけるか不安という方も不安に思う必要はありません。なぜなら、通信制高校のスクーリングは授業の内容はそれほどレベルの高いものではないうえに、スクーリングの最中先生に当てられるということもないからです。また、音楽や美術、書道などは通常の全日制高校と同じように、好きな科目を選択することができます。また、体育も通信制高校のスクーリングによって実施されます。通信制高校に通う人の中には、体力に不安があったり、人間関係を避けたいという思いを抱えている人も少なくなく、そのような人にとってはスクーリングによる体育は不安要素になるかもしれません。しかし、スクーリングによる体育は学校によって内容がまちまちであり、比較的軽い運動で終わる学校も多いです。体育が不安だという方は、入る前に一度内容を確認しておくことをおすすめ致します。

スクーリングの回数は?


スクーリングの回数は学校によってかなり異なります。頻度だけでも、「週一回」や「月二回」「一年に数回、各三泊四日」など様々です。一方、私立の通信制高校を中心に週に3~5回通うケースもあります。なので、自分のライフスタイルに合わせて学校やコースを選択すると良いと思います。例えば、仕事をしながらであったり、持病があり定期的に通院する必要があるなどの場合には、スクーリング回数が少ない学校がおすすめです。一方、通信制高校に通いながら、全日制高校のように友だちを作ったり、部活に打ち込みたいという思いがあるなら、スクーリングの回数が多く設定されている学校やコースがおすすめです。また、通信制高校への通学を検討している方の中には、「わずらわしい人間関係を避けたい」「あまり人と会話したくない」という思いを抱えている方も多いと思います。そのような方には、集中スクーリングや合宿タイプのスクーリングがおすすめです。集中スクーリングとは学校にもよりますが、一週間程度連続で通うことでスクーリングを済ませるシステムです。一方、合宿タイプのスクーリングは、年に1、2回沖縄や北海道などのリゾート地に泊まり込みでスクーリングを実施するというものです。日常生活では味わえないような体験になっています。いずれのタイプのスクーリングであっても、その期間だけ頑張れば大丈夫なので、スクーリングによる人間関係を回避したい方や社会人の方など、定期的に学校に通うことが難しい場合や社会人の方など、定期的に学校に通うことが難しい場合におすすめです。また最近では、オンラインでのスクーリングを実施している学校も多くあります。オンラインでの面談や指定された動画の視聴によりスクーリングの回数を極力減らすことができます。以下で、宿泊集中型のスクーリングとインターネット講義によるスクーリング、スクーリングそのものの雰囲気について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください!

宿泊集中型のスクーリング

あまりスクーリングに行きたくないという方や仕事や病気などの理由で定期的に通うことが困難な場合には、宿泊集中型のスクーリングがおすすめです。これは、通信制高校の校舎から離れて、自然豊かなところで自然を体験しながらスクーリングをやるという形式です。あまりスクーリングに行きたくないという方は、一度に全てのスクーリングを消化できるというメリットがあります。また、雰囲気や修学旅行のようなもので、ともに過ごす仲間と濃密な時間を過ごすことができ、色々な人と仲良くなることができます。

インターネット講義によるスクーリング

近年、私立の通信制高校を中心にe―ラーニングを充実させた学校が多く、学校独自の教材をもとにインターネットによる講義を実施し、それを生徒が受講することによりスクーリングの日数をギリギリまで減らすことができるのです。これにより、学校に通学する回数をかなり減らすことができるので、人間関係を避けたいという理由でスクーリングにあまり行きたくないという人にとってはかなりメリットが大きいと言えます。

スクーリングの雰囲気


これまでにも少し触れましたが、通信制高校への通学を検討している方の中には周囲の人と上手くやっていくことができるかどうか不安に感じている方も多いと思います。「不良の人はいるのか」「いじめられてりしないか」などの不安を抱えている方も多いと思います。そのようなことが絶対に起きないとは言えません。事実、通信制高校のスクーリングは服装や髪型が自由な人が多いので、派手な人も一定数います。もしそのような人が苦手だという場合には、服装に関してもルールを設けている学校を選ぶと良いと思います。ただ、通信制高校側も人間関係に不安を抱えている生徒が多いことをしっかりと理解しているので、いじめ等が発生したら厳格に対処する学校も多く、また、スクールカウンセラーが常駐している学校も多いため、そこまで心配する必要はないと思われます。この点について不安があるという方は、実際に学校を見学してみてどのような生徒が通っているかを見てみるのも良いかもしれません。

スクーリングのメリット

では、具体的にスクーリングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。以下で詳しく解説していきます!

質問ができる!

通信制高校は自宅学習がメインとなるため、日々の学習の中ででてきた疑問を解決する機会がありません。その疑問を解決してくれるのがスクーリングです!スクーリングでは、普段パソコンやスマートフォンの画面越しに会っている先生に実際に会うことができる機会になっているため、普段の学習で生じた疑問を直接先生に質問することができます。日々の学習で課されるレポートや試験に出そうなところも合わせて聞いてみましょう!

友達ができる!

通信制高校は登校する機会が少ないため、友達はなかなかできないのが実情です。そのような中、スクーリングは貴重な登校の機会であり、普段顔を合わせない同級生に会う場です。通信制高校に通う生徒のなかには、全日制の高校が合わず、通信制高校に移ったものの、通信制高校で新たに友達を作り、普通の高校生活を送りたいという人も多いと思います。このような方は、ぜひスクーリングの機会を利用して、友達を作ってみましょう。実際に、全日制高校では周りと良い関係を生ずくことができず、孤立することが多かったが、通信制高校に通い始めた結果、たくさん友達を作ることができ、楽しい高校生活を送ることができるようになったという人はたくさんいます!

まとめ

いかがだったでしょうか。通信制高校のスクーリングの仕組みについては理解していただけたのではないでしょうか。スクーリングは、通信制高校を卒業のための単位取得には必須のイベントです。ただ、紹介したようにスクーリングには様々なタイプのもがあるので、自分の性格やライフスタイルに合った学校を選ぶようにしましょう。特に、スクーリングは登校回数が少ないために人と接する機会も少なくなっている通信制高校において、他人と触れ合う、貴重な機会になっています。自分の対人関係における特徴をしっかりおさえたうえで、自分に適したスクーリングを行っている通信制高校を選ぶようにしましょう。通信制高校のスクーリングは学校や自分が選択するコースによって本当に多種多様なので、自分のライフスタイルや性格に合わせて無理なく通い続けられるコースを選ぶようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました