通信制高校ってなに?通信制高校徹底ガイド

「通信制高校に興味があるが、どんな学校なのかよくわからない」「働きながら高卒資格を得たい」そんな人におすすめなのが、通信制高校です!この記事では通信制高校の魅力について解説し、通信制高校に対するあなたの不安を払拭します。

通信制高校とは

通信制高校を語るうえで、欠かせないのは通信制高校が「単位制」を採用していることです。「単位制ってなに?」と思われるかもしれませんが、単位制とは、3年以上の在籍で74単位取得することが卒業の条件になっている制度です。一方、通信制高校以外の高校で採用されているのが「全日制」です。全日制は、一年間で、定められたカリキュラムのなかで試験に合格することで単位が認められ、進級することができる制度です。通信制高校と他の高校の最大の違いは「単位制」か「全日制」かどうかであり、通信制高校は「単位制」であるために、全日制高校にはない様々なメリットがあります!

通信制高校にはどのような人が通っているか

通信制高校や全日制高校での勉強についていけなくなった人や芸能活動やアスリート活動など学業以外に打ち込みたいことがある人、また既に働いているがもう一度学びなおしたい人などが通っています。「通信制高校は全日制高校を通えなくなった人が通う場所」として考えている人も多いかもしれません。確かにそのような側面を否定することはできませんが、それだけでなく、自らのライフスタイルや学力状況に応じて、継続した学習を可能にする「新たな高校の在り方」として機能しています。

通信制高校の授業の仕組み

通信制高校の授業は、通う高校や選択するカリキュラムにもよりますが、基本的に自宅で学習を進めるか、週に1~3回ほど校舎に通うというのが一般的な形式です。単位取得もそれほど難しくはありません。単位は、定期的なレポートとスクーリングと呼ばれる面接指導、年に数回実施される試験を受けることで、単位を取得することができます。レポートと聞くと、「大変そう」と思われるかもしれませんが、通信制高校のレポートは先生が最初からある程度作成した状態で渡され、レポート内でところどころ空欄になっている部分を自分で埋めるか、あらかじめ選択肢が与えられておりそこから適切な選択肢を選ぶという形式です。また、スクーリングと呼ばれる面接指導は、月に2回程度実際に校舎に通い先生から直接指導を受ける制度です。普段の学習のなかで分からないところを、直接質問できる機会になっています。しかし、通信制高校に通う人の中には、「あまり人と関わりたくない」という人も多いと思いますが、スクーリングは先生が一方的にしゃべって終わるので、あまり人と話したくないという人も安心です。

通信制高校に通うメリット・デメリット

それでは具体的に、通信制高校のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット①:自分のライフスタイルに合った学習が可能

通信制高校は、基本的に自分で学習したい科目や学習するタイミングを決定することができるので、働きながら学習したい人やどうしても朝が弱く起きられない人に大変おすすめです。芸能活動やアスリート活動など、学業以外に打ち込みたいことがある場合にもぴったりです。

メリット②:費用が安い

通信制高校は、全日制高校に比べ費用を安く抑えることができるのも大きな特徴です。特に、公立の通信制高校は年間約10万円ですませることができます。私立の通信制高校の場合でも、選択するカリキュラムにもよりますが、年間約50万円で、全日制の高校とそれほど変わらない値段で手厚いサポートを受けることができ、とてもお得です。また、世帯年収によっては、就学支援金制度を適用することで、もっと安くすることできます。通信制高校を選んだからといって学費が余計にかかるわけではなく、むしろ特に公立の場合は、全日制高校に比べ学費を安くすませることができ、金銭面で不安がある方にも安心です。

通信制高校のデメリット

魅力の多い通信制高校ですが、デメリットも存在します。それは、学習に際して、自己管理能力が求められる点です。通信制高校では、自分の好きなタイミングで学習できる一方、サボろうと思えばサボれてしまうというデメリットがあります。自己管理できないと、いつまでも単位が取得できず、いつまでも卒業できないということになりかねません。自己管理がしっかりできるか心配という人には、私立の通信制高校がおすすめです。私立だと先生が学習をサポートしてくれる制度が公立に比べ充実しているため、自己管理に不安がある人にも安心です。

まとめ

いかがでしょうか。通信制高校は全日制高校に並ぶ新たな選択肢として注目を集めています。通信制高校と聞くとネガティブな印象をもたれるかもしれませんが、実際はそうではなく、自分の人生を豊かにする一つの選択肢なのです。自分自身を今まで以上にステップアップさせるために、是非通信制高校を活用してみてはいかがでしょうか。