通信制高校ってどんな人が通ってる?通信制高校の生徒丸わかり徹底ガイド

「通信制高校への進学を考えているけど、どんな人が通っているんだろう?」「通信制高校でも友だち作れる?」通信制高校への進学を考えている人にとって、通信制高校にはどんな人が通っているかはとても気になるところだと思います。通信制高校と一口にいっても様々なタイプの通信制高校が存在し、そこに通っている人も様々です。この記事では、通信制高校に通っている生徒のなかでも、比較的多いと思われるタイプについて解説していくのでぜひ参考にしてみて下さい。

通信制高校って?

通信制高校の授業は、通う高校や選択するカリキュラムにもよりますが、基本的に自宅で学習を進めるか、週に1~3回ほど校舎に通うというのが一般的な形式です。単位取得もそれほど難しくはありません。単位は、定期的なレポートとスクーリングと呼ばれる面接指導、年に数回実施される試験を受けることで、単位を取得することができます。レポートと聞くと、「大変そう」と思われるかもしれませんが、通信制高校のレポートは先生が最初からある程度作成した状態で渡され、レポート内でところどころ空欄になっている部分を自分で埋めるか、あらかじめ選択肢が与えられておりそこから適切な選択肢を選ぶという形式です。また、スクーリングと呼ばれる面接指導は、月に2回程度実際に校舎に通い先生から直接指導を受ける制度です。普段の学習のなかで分からないところを、直接質問できる機会になっています。しかし、通信制高校に通う人の中には、「あまり人と関わりたくない」という人も多いと思いますが、スクーリングは先生が一方的にしゃべって終わるので、あまり人と話したくないという人も安心です。このように、通信制高校は全日制高校に比べ通学という面で圧倒的に自由度が高いために、自分のライフスタイルにあった自由な学びを可能にしているのが特徴です。

どのようなタイプの人が多いか

通信制高校では、全日制高校での勉強についていけなくなった人や芸能活動やアスリート活動など学業以外に打ち込みたいことがある人、また既に働いているがもう一度学びなおしたい人などが通っています。もしかすると、「通信制高校は全日制高校を通えなくなった人が通う場所」として考えている人も多いかもしれません。確かにそのような側面を否定することはできませんが、それだけでなく、自らのライフスタイルや学力状況に応じて、継続した学習を可能にする「新たな高校の在り方」として機能しています。では、具体的にどのようなタイプの人が通っているのかを以下でみていきましょう。

病気や精神的理由で継続して通学するのが困難な人

病気により、定期的な通院が必要なため、全日制高校のように毎日決められた時間に登校するのは不可能、という人や以前にいじめにあっていたため、学校そのものに行きたくないという人が多いと思います。通信制高校では、このような人のために、ほとんど実際に校舎に足を運ぶことなく、自宅学習のみで卒業できるコースを設けている学校も多いので、安心です。ただ、このようなコースであっても、年に何回かは実際に校舎に通う、「スクーリング」という機械があります。このスクーリングと呼ばれるものは、実際に校舎に通い先生から直接指導を受ける制度です。普段の学習のなかで分からないところを、直接質問できる機会になっています。しかし、スクーリングは先生が一方的にしゃべって終わるので、ほかの生徒と関わるということはほとんどなく、あまり人と話したくないという人も安心です。

普段勉強以外に取り組んでいることがある人

普段は社会人として働いているという人や芸能活動やスポーツなど、勉強以外にもほかに取り組んでいることがあるという人も多いと思います。そのような人にとって、通信制高校は大変合っていると思います。自分の活動に合わせて授業を履修すれば良いので、勉強との両立を容易に実現することができます。

通信制高校は孤独なのか

通信制高校と聞くと、「自宅での学習がメインだから友だちができなそう」と考える人も多いと思います。実際、通信制高校には全日制高校での煩わしい人間関係を回避したくて通う、という人もたくさんいるので、他の生徒との交流の機会があまり多く設けられていないというのが実情です。しかし、通信制高校側も、学業と自分のやりたいこととの両立のために通信制高校を選択している人も数多くいる、という事情を把握しています。そこで、オプションとして、修学旅行や体験学習など、他の生徒と一緒に活動する機会を設けている通信制高校も多いです。つまり、通信制高校では、他人との関係を断って生活することもできれば、積極的に友だちを作っていくことも可能です!以下で、どのように通信制高校で友だちを作っていくのかみていきましょう。

通信制高校で友だちを作る

通信制高校への進学を考える人のなかには、「全日制高校の生徒と同じように学生生活を謳歌したい」「部活も頑張りたい」と考える人も多いのではないでしょうか。実際、部活動や学校行事に積極的に参加していくことで、通信制高校でも友だちをつくることは可能です!以下で、その方法についてみていくので是非参考にしてみてください!

部活に入る

一番簡単に友だちを作る方法は、「部活に入る」ことです。部活に入れば、その部活動を通じて友だちを作ることができます。特に、普段通学することのない通信制高校においても、
部活は週に何回か活動日が定められているため、定期的に顔を合わせることになり、友だちを作りやすいと言えます。また、チームで活動する部活などでは特に、練習や試合を通じて友情が育まれること間違いなしです!

学校行事に積極的に参加する!

文化祭や運動会など学校行事に積極的に参加することにより友だちを作ることも可能です!このような学校行事は任意参加であるため、「人間関係を避けたい」という人はもちろん参加する必要は全くないのですが、友だちを作りたいという人はぜひ積極的に参加してみましょう。ちなみに、学校行事は先に述べた卒業に必要な特別活動30単位に含まれるので、学校行事に参加することで、卒業に必要な単位を取得することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。通信制高校と一口に言っても様々なタイプの人がいることがわかっていただけたと思います。大切なのは、「自分に合ったコースを選択する」ということです。もし、なんらかの理由で定期的な通学が困難であれば、自宅学習が中心なコースを選択するのが良いでしょう。逆に、通信制高校に通うが全日制高校の生徒と同じように色々な友だちを作ってみたいとい思うのであれば、登校回数が比較的多いコースを選択する、スクーリングで積極的にほかの生徒に話しかける、部活動や学校行事に参加してみる、など自分から積極的に動いてみると良いでしょう。どちらが良い、悪いではなく、どちらを選んでも学校生活を充実させることができる通信制高校を自分に合わせて有効に活用しましょう!

タイトルとURLをコピーしました