徹底ガイド!通信制高校のスクーリング

「通信制高校のスクーリングって?」「通信制高校に通いたいけど、スクーリングはなるべく避けたい」このような不安を抱えている方は、非常に多いのではないでしょうか。特に、以前に通っていた学校で、人間関係でつまずいてしまい、わずらわしい人間関係を避けたいと考えている方が、このような不安を抱えているのだと思います。この記事では、通信制高校のスクーリングについて徹底的に解説し、そのような不安に答えていきます。スクーリングは通信制高校に通ううえで避けることのできないイベントなので、スクーリングについて気になっている方は、是非参考にしてみてください!

そもそもスクーリングって?

通信制高校は、単位制であり、スクーリングはその単位取得のために必要なプロセスになります。スクーリングとは、実際に学校へ行って、先生から直接指導を受けることを言います。学校によって異なりますが、一定の時間このスクーリングを受けないと単位が認められないので注意しましょう。スクーリングの回数は科目ごとにも違っており、数学や国語などの座学中心の科目は、スクーリングの回数は少ない傾向にあるのに対し、実験などがある理科や体育や芸術などはスクーリング回数が多くなる傾向にあります。この点に関しても学校によって異なるので注意しましょう。

スクーリングのメリット

質問ができる!

通信制高校は自宅学習がメインとなるため、日々の学習の中ででてきた疑問を解決する機会がありません。その疑問を解決してくれるのがスクーリングです!スクーリングでは、普段パソコンやスマートフォンの画面越しに会っている先生に実際に会うことができる機会になっているため、普段の学習で生じた疑問を直接先生に質問することができます。日々の学習で課されるレポートや試験に出そうなところも合わせて聞いてみましょう!

友達ができる!

通信制高校は登校する機会が少ないため、友達はなかなかできないのが実情です。そのような中、スクーリングは貴重な登校の機会であり、普段顔を合わせない同級生に会う場です。通信制高校に通う生徒のなかには、全日制の高校が合わず、通信制高校に移ったものの、通信制高校で新たに友達を作り、普通の高校生活を送りたいという人も多いと思います。このような方は、ぜひスクーリングの機会を利用して、友達を作ってみましょう。実際に、全日制高校では周りと良い関係を生ずくことができず、孤立することが多かったが、通信制高校に通い始めた結果、たくさん友達を作ることができ、楽しい高校生活を送ることができるようになったという人はたくさんいます!しかし、中にはそのような人間関係を避けたいと考えている方もいるのではないでしょうか。また、日中の時間は働いているため定期的にスクーリングを受けることができないという方もいると思います。そのような人のために、短期集中的にスクーリングを受けることもできます。それについては、以下で詳しく解説していきます。

スクーリングはあまりしたくないという人も

上でも少し触れましたが、通信制高校に通う生徒のなかには、全日制高校でのわずらわしい人間関係を避けて通信制高校に移った人や、そもそもあまり人と関わりたくないという人も多いと思います。そのような方には、集中スクーリングや合宿タイプのスクーリングがおすすめです。集中スクーリングとは学校にもよりますが、一週間程度連続で通うことでスクーリングを済ませるシステムです。一方、合宿タイプのスクーリングは、年に1、2回沖縄や北海道などのリゾート地に泊まり込みでスクーリングを実施するというものです。日常生活では味わえないような体験になっています。いずれのタイプのスクーリングであっても、その期間だけ頑張れば大丈夫なので、スクーリングによる人間関係を回避したい方や社会人の方など、定期的に学校に通うことが難しい場合や社会人の方など、定期的に学校に通うことが難しい場合におすすめです。また最近では、オンラインでのスクーリングを実施している学校も多くあります。オンラインでの面談や指定された動画の視聴によりスクーリングの回数を極力減らすことができます。様々な事情により、極力校舎に通う回数を減らしたいという方は、このような学校を検討してみてはいかがでしょうか。

通信制高校のスクーリング総まとめ

スクーリングは、通信制高校を卒業のための単位取得には必須のイベントです。ただ、紹介したようにスクーリングには様々なタイプのもがあるので、自分の性格やライフスタイルに合った学校を選ぶようにしましょう。特に、スクーリングは登校回数が少ないために人と接する機会も少なくなっている通信制高校において、他人と触れ合う、貴重な機会になっています。自分の対人関係における特徴をしっかりおさえたうえで、自分に適したスクーリングを行っている通信制高校を選ぶようにしましょう。