卒業後の進路が気になる!通信制高校からの進路徹底ガイド

「通信制高校って卒業後の進路はどんなかんじなの?」「就職は不利にならない?」これらの疑問を抱えている方は多いと思います。特に、通信制高校への進学を考えている方にとっては、卒業後の進路は大きな懸念材料となっていることでしょう。実際、通信制高校を卒業したからといってその後の人生が安泰というわけではまったくありません。しかし、通信制高校の特殊なカリキュラムをうまく利用することにより、全日制高校からの進路とは違ったユニークな進路をたどっている人が非常のも事実です。常識にとらわれることなく、自分だけの進路の在り方をこの記事で見つけてみてはいかがですか。

通信制高校とは

「そもそも通信制高校ってどんなところ?」という疑問を持つ方も多いと思うので、簡単に通信制高校について解説します。

通信制高校を語るうえで、欠かせないのは通信制高校が「単位制」を採用していることです。「単位制ってなに?」と思われるかもしれませんが、単位制とは、3年以上の在籍で74単位取得することが卒業の条件になっている制度です。一方、通信制高校以外の高校で採用されているのが「全日制」です。全日制は、一年間で、定められたカリキュラムのなかで試験に合格することで単位が認められ、進級することができる制度です。通信制高校と他の高校の最大の違いは「単位制」か「全日制」かにあります。通信制高校は「単位制」であるために、全日制高校では実現することができない、自分のライフスタイルに合わせた自由なカリキュラムで学習できるのが最大の魅力です。

通信制高校にはどのような人が通っているか

通信制高校や全日制高校での勉強についていけなくなった人や芸能活動やアスリート活動など学業以外に打ち込みたいことがある人、また既に働いているがもう一度学びなおしたい人などが通っています。「通信制高校は全日制高校を通えなくなった人が通う場所」として考えている人も多いかもしれません。確かにそのような側面を否定することはできませんが、それだけでなく、自らのライフスタイルや学力状況に応じて、継続した学習を可能にする「新たな高校の在り方」として機能しています。

卒業後の進路

卒業後の進路は大きく、就職、大学進学、その他の3種類に分けられます。しかし、率直にいうと、通信制高校卒業後の進路は楽観できるものではありません。就職については、残念ではあるのですが、未だ通信制高校に通っているというだけで偏見を持たれることが多く、就職する人はあまり多くないのが実情です。また、大学進学については、通信制高校は自宅学習がメインであるために、受験レベルの学力をほぼ自力で身に付けるのは困難です。このような事情が影響してか、卒業後の進路が決まっていないまま卒業する人も3割ほど存在します。通信制高校を卒業しても安定した職にすぐ就ける、あるいは大学に進学できる可能性はあまり高くないため、通信制高校に入る前や在学中から将来的なビジョンを考えておく必要があります。通信制高校には介護や美容などの専門性に特化したコースや大学受験に特化したコースを設けている学校も多いので、自分に合った学校やコースを選ぶようにしましょう。

通信制高校からの就職は不利?

先ほど通信制高校からの就職が不利になるということを少し述べましたが、その実情と通信制高校からの就職について必要なことを解説していきます!

通信制高校に対する偏見

先にも少し述べましたが、通信制高校を卒業したという事実に対し、採用する側は、「勉強から逃げたのではないか」「精神面で不安があるのではないか」「組織の中で上手くやっていくことができるのか」などのような「偏見」を持たれてしまう可能性が高いのが実情です。もちろん、自分のやりたいこととの両立のためや専門的な知識を身に付けたい、という理由で通信制高校に通っている人もたくさんいるのですが、どうしても通信制高校というだけでこのような「偏見」を持たれてしまうこともあるのです。では、このような「偏見」にどう立ち向かっていけばよいのでしょうか。

就職を有利に進めるためには

上記のような偏見を打ち破るためにできることは何でしょうか?それは、このような「偏見」とはかけ離れた存在であることを企業側にアピールすることです。ここでは、「企業側が求める人材」と「通信制高校在学中に身に付けられるスキル」を紹介していきます。

企業側が求める人材

企業側としては、「明るく活発な人」や「自己管理がしっかりできる人」を採用したいと考えています。そのなかで、通信制高校に通っていながら、先に挙げた偏見を取り除くためには、自分の「強み」をアピールする必要があります。例えば、「徹底的に学習スケジュールを管理し、常にトップの成績を取り続けていた」や「通信制高校に通いながら数少ない登校の機会を利用し、他の生徒に積極的に話しかけた結果、多くの友達を作ることができた」のようなエピソードを話すことで、企業側も「魅力的だ」と思ってもらいやすくなるでしょう。

身に付けておくべきスキル

通信制高校からの就職に役立つスキルとして「プログラミング」がまず挙げられます。「プログラミング」ができれば、アプリやゲーム、WEBサイトの作成などをおこなうことができ、活動の幅が広がります。また、この「プログラミング」のスキルを身に付けている人は多くないため、「プログラミング」ができるだけで、価値の高い人材であると見なされ、採用される可能性がかなり高まります。このような、「プログラミング」のスキルを専門的に教えるコースを設けている通信制高校も数多く存在しているので、通信制高校を選ぶ際は参考にしてみると良いでしょう。次におすすめなのが、「アルバイト経験」です。通信制高校に通っている人の中には、特に日中に時間的余裕がある人も多いと思います。そのような時間を利用してアルバイトをするのは大変おすすめです。しかし、意識してほしいのは、「ただアルバイトをやる」のではなく、「アルバイトにおいて何かしらのことを達成する」ことです。例えば、飲食店のアルバイトであれば「常にお客様のことを考え、お客様が来店したときは、誰よりも早く挨拶した」などは採用時の面接でも大いに役立つことでしょう。

通信制高校からの進学

ここまでの内容で「通信制高校からいきなり就職するのは大変そうだ」と感じた人には、大学進学がおすすめです。ただ、先ほど通信制高校から大学進学するためには、自宅学習が中心なため、受験レベルの学力を身に付けることは困難であると述べました。たしかにこれは事実なのですが、それは「普通にカリキュラムどおりに勉強した」場合です。私立の通信制高校を中心に、大学受験を専門に扱うコースを設けている学校も多く存在します。大学進学に強い通信制高校を選ぶことで、受験勉強のための手厚いサポートを受けることができ、スムーズに受験勉強に移ることができるのです。例えば、「トライ式高等学園」は通信制高校としてはめずらしい、難関大学に進学することを前提とした通信制高校です。授業形式はマンツーマンで、ネット授業にも対応しています。さらに、引きこもりの生徒へのサポート体制も充実しており、卒業率は90%を超えています。受験勉強に際して、手厚いサポートを受けたい方は「トライ式高等学園」がおすすめです。次におすすめしたいのが「鹿島学園高等学校」です。「鹿島学園高等学校」の魅力は、なんといってもその通いやすさです。自宅学習コースから週1コース、週2~5コースまで幅広く用意されており、自分のライフスタイルに合った通学が可能である上に、個人指導や家庭教師制も用意されているなど、学習サポートも手厚いです。ここで挙げた2校はあくまで一例であり、他にも大学進学に強い学校は数多くあります。大切なのは、自分の学力状況やライフスタイルに合った学校に通うことです。辛くなって、途中で辞めてしまう、というようなことにならないように注意しましょう。

就職・進学以外の選択肢

実は、少ないながら就職や進学以外の進路に進む人もいます。例えば、「ルネサンス高等学校」や「N高等学校」では、eスポーツと呼ばれる、スマートフォンやタブレット、パソコンを通じて複数人がゲーム上で対戦するというスポーツに特化したコースを設置しています。ちなみに、このeスポーツは日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカや中国ではすでにスポーツとして確立しており、トップレベルのプレイヤーを億単位の賞金を手にしています。このeスポーツのプロ選手になるために、この2つの高校では、専門のカリキュラムが用意され、プロのゲーマーによる指導がおこなわれるなど手厚い指導を受けることができます。このeスポーツは一つの例にすぎず、これ以外にも美容や介護など専門分野に特化した教育を受け、それを将来に繋げることができるのも通信制高校の大きな魅力です。

まとめ

いかがだったでしょうか。通信制高校卒業後の進路は必ずしも安泰ではないことがわかったと思います。しかし、忘れないで欲しいのは「通信制高校だからといってその後の進路が不利になるわけではない」ということです。たしかに、ただ通信制高校に通うだけではその後の進路が不利になってしまうかもしれませんが、在学中に様々な努力をすることで、いくらでも進路を有利にすることができるのです。大切なのは「将来を決めるのは自分」ということです。自分が将来どうなりたいのかをしっかり意識して、自分自身で将来を切り開いていきましょう。