不登校の方必見!通信制高校で高卒資格を取ろう

「通っている学校でいじめにあってしまい、学校に通えなくなってしまった結果、引きこもりになってしまった」「通っていた学校になじめず休みがちになり、出席日数が足りなくなってしまった」そんないわゆる「不登校」になってしまった方に大変おすすめなのが、通信制高校です。通信制高校は不登校になってしまった方でも、自分のペースで無理なく学習を続けることができるうえに、卒業も難しくないというメリットの非常に多い学校です。この記事では、そんな通信制高校について徹底的に解説していきます。

自分だけが不登校ではない

不登校になってしまった方には、不登校になってしまった自分を責めてしまう人も多いと思います。しかし、その必要は全く必要ありません。世の中には、不登校になってしまった人はたくさんいます。いじめにあってしまったり、勉強についていけなくなってしまったりと、原因は様々です、しかし、不登校になってしまったからといって人生の終わりというわけでは全くなく、新たな場所で心機一転活躍している人だって数多くいます!その新たな場所として機能しているのが、通信制高校です。学校に行けなくなってしまったことをネガティブにとらえるのではなく、学校に行かずに勉強することだって立派な選択肢の一つとして捉え、前向きに考えていきましょう!

通信制高校は圧倒的に通いやすい

不登校になってしまった人のなかで、一番多いのが、学校にたいして通いづらさを感じていることだと思います。しかし、通信制高校にそんな不安は必要ありません。なぜなら、通信制高校は、学校にもよりますが、実際に学校に通う必要がほとんどないからです。通信制高校は、登校しない代わりに学校から課されるレポートや課題を提出することで単位を取得します。学校に通うのは、年に数回のスクリーングと呼ばれる面接の際だけで、それ以外は自宅で学習する形式なので、通学に不安がある方にも安心です。

勉強は難しくない!

不登校になってしまった方には、全日制の高校に通っていたが、学校の勉強についていけなくなってしまったり、成績が悪化してしまい、勉強に対するモチベーションが上がらなくなってしまったという方が多いと思います。ただ、通信制高校の勉強は全日制高校での勉強に比べ、内容は易しく、勉強面で不安がある人もついていきやすい内容になっっているので安心です。先ほど少し触れましたが、通信制高校は単位制です。そのため、自分の学力状況やライフスタイルに合わせて科目を履修することができるというメリットがあります。さらに、先生から課されるレポートや課題も自分で一から調べて作成するというものではなく、既にレポートの一部が作成された状態で渡され、空欄になっている部分を自分で埋めたり、選択肢の中から選ぶ、という形式がほとんどなので、難しくはありません。わからないところがあっても、メール等で先生に質問すれば、答えてくれるので心配する必要はないと思われます。

不登校の方におすすめの通信制高校

タブレットやスマートフォンの普及に伴い、通信制高校のあり方も多様化しています。ここでは、特に不登校の方へのサポートが手厚い通信制高校を紹介していきます。

一ツ葉高等学校

一ツ葉高等学校は、不登校の生徒でも卒業までしっかりサポートする体制が整えられているのが特徴です。その中でも、特筆すべきは、他人との関わり方を学ぶことができるプログラムがあることです。不登校になってしまった人の中には、通っていた学校で対人関係がうまくいかなかったことが原因で不登校になってしまった人も多いと思います。しかし、このプログラムにより対人関係をうまく築けるようになり、友達が増えた、前よりも元気になったという人がたくさんいます。その他の学習サポート体制も整えられているので、勉強面が不安な人も大丈夫です。

興学社高等学校

興学社高等学校は、不登校になってしまった人が新たに学校に通えるようにするためのサポート体制が充実しています。まず、朝は10時からスタートなので、朝が起きられず出席日数が足りなくなってしまった人にも安心です。また、好きな授業を選ぶことができるのも大きな特徴です。不登校になってしまった人の中には、学校の勉強が嫌になってしまった人も多いと思いますが、興学社高等学校では、90種類以上の中から科目を選択するので、自分の興味に合わせて自分に合った科目を見つけられること間違いなしです。

まとめ

このように、不登校になってしまっても、通信制高校という選択肢を活用することによって学校に復帰することができた人はたくさんいます!そのため、もし不登校になってしまっても、悲観する必要は全くありません。大切なのは、自分ができる範囲で精いっぱいのことをすることであり、自分のペースで学習を続けられる通信制高校は必ずあるはずです!是非一度検討してみてはいかがでしょうか。