通信制高校の学費特集

通信制高校のレベル

通信制高校の入試は、学科試験を設けている学校は殆どありません。
面接によって学業に対する意思確認を行う程度にとどまります。
それによって門戸を広くことが出来ているということが言えるのです。
しかし全体的な卒業率は50%にも達していません。
それによって「そんなに認定試験が難しいのだろうか」と心配になってしまう希望者も居るでしょうが、そう問題ではありません。


<通信制高校の単位認定試験レベル>

この単位認定試験は、レベル的には難関と言われるものではありません。
普通にカリキュラムをこなしていれば、難なく合格できるレベルに設定されています。
ただし中学校で学ぶはずであった基礎学習が欠落していると、理解自体が難しいということはあるでしょう。
通信制高校を希望する学習者には、中学校を不登校で過ごしてしまった経験を持っている子供たちもたくさんいます。
そういった学習者にいきなり高等教育を理解することは、酷な場合もあります。
そうなると途中で挫折してしまうことになりかねません。
また自主学習が中心であることから、学習に対するモチベーションを維持することが困難という問題もあるでしょう。
それも卒業率の低さにつながっています。
その問題を改善するため、手厚いフォローを行なっている通信制高校もあります。
小学校や中学校のレベルから基礎力をつける学習を提供しているものもあります。
そういったフォローが成されている学校では、70%80%の卒業率から100%に近い数字を持っている学校も見られます。