通信制高校の学費特集

通信制高校のスクーリングの違い

通信制高校では通学はありませんが、スクーリングがあります。公立の場合には年間25日から40日程度設けられています。公立ではただ単に、面談指導を受ける日ですが、進路や学習の進み具合についての疑問や不安をお話しする機会が与えられます。しかし私立の場合には、もっとスクーリングに意味を持たせている学校も見られます。スクーリングの設け方は、学校によっていろいろです。


<スクーリングの実施>

学校が遠くて、週に1回や月に何日といった形のスクーリングには参加できないという人もいます。そういった生徒のために、予備校やサポート校などの協力を得て、そこを会場に実施する学校も見られます。また季節ごとに合宿型でまとめて実施するシステムをあります。スクーリングは最低でも何日間の実施が好ましいという規定はありますが、それを超えて行ってはならないと決まっているわけではありません。生徒のバックアップ体制に力をいれる通信制高校では、スクーリングもフォロー体制の一つとして機能させています。
そういった学校であれば、スクーリング日数は増えます。しかし集団生活にストレスを感じて通信制高校に決めた生徒もいます。スクーリングが苦痛に感じる生徒もいますが、スクーリングで心が救われたという生徒もたくさんいるのです。