通信制高校の学費特集

通信制高校に入学するための資格

通信制高校の設置に意義は、誰でも高等教育の機会が平等に与えられるようにというところにあります。入学資格の設定は広く、年齢的な制限も最低年齢15歳以上、中学を卒業しているもしくは卒業見込みであれば、それ以外の制限はありません。入学時期も4月だけではなく、4月と10月の年2回に設定されている学校もあります。


<私立の入学試験>

私立通信制高校であれば学校ごとに入学試験の内容に違いがありますが、大多数は面接だけです。面接で社会性、コミュニケーション能力が問われますが、社会人の就職試験のようにように、そこに重点が置かれているわけではありません。常識を著しく逸脱するといったことがなければ、入学は許可されています。高校に行きたい、勉強がしたいといった「意欲」を感じさせることが出来ればいいのです。難しいことを質問されることもありません。


<公立の入学試験>

公立の通信制高校の入学試験の場合には、面接と作文、学力試験が用意されています。学力試験といっても、そこから学力を見るという訳ではありません。通信制高校の入試を受けた心構えを知るための手段の一つとして入学試験があるようです。フォロー体制が万全な私立の通信制高校の場合には、学科試験の結果によってフォロー体制を変えるという参考にすることもありますが、公立の場合にはそういう事はありません。学科試験にしても小作文、面接にしても、素直な気持ちで挑戦すればいいようになっています。