あまり知られていない!?進学に強い通信制高校の裏

「通信制高校から卒業しても希望の大学には行けない」と考える人はいませんか?その考えは間違っています。通信制高校でも難関国立大学の東大・京大・東工大、難関私立大学の慶應、早稲田の合格者を沢山輩出しています。

全日制学校でも受かりにくい難関大学に合格した実績を持つ通信制高校、なぜ通信制高校に通わないのか?実は、通信制高校に通う生徒は数多くいます。

統計から見た通信制高校の進学率

通信制高校は、全日制の学校よりも進学する人数は少ないと言われていますが、果たしてそれは本当でしょうか?

文部科学省のデータからこの疑問を解きます。

  • 大学への進学率   【全日制高校】54.4% 【通信制高校】16.7%
  • 専修学校への進学率 【全日制高校】23%  【通信制高校】23.8%

文部科学省平成24年度のデータでは、大学への進学率は全日制高校の割合が大きいことが分かりました。全日制高校に通わない理由は通信制高校のことがまだ詳しく知らないからです。

通信制高校から進学出来る4つの魅力

時間の融通が効きやすい(1)

全日制高校と比べて通信高校には自由の時間が持てます。全日制高校の場合は毎回集団で同じ授業を受けています。大学入試で必要とされる3教科の国語、数学、英語の授業はまだしも、それとあまり関係のない課程、体育、音楽、美術などの授業を受けないとなりません。一方、通信制高校ではそういった授業を選択しなくてもよいのです。目標とする大学を合格するために、集中してその科目に取り組むことが出来ます。

また、通信制高校では、国語、数学、英語などの必修科目以外であれば、自分の好きな科目を選択することが出来ます。つまり、通信制高校では自分の将来に役に立つ科目を自由に受けられるのです。これによって、自分の長所や短所を集中的に鍛えることが出来るのです。

勉強と仕事の両立が可能(2)

「家庭の事情でどうしても仕事しないとならないため学校を諦める」というような方は少なくありません。通信制高校では心配しなくても良いのです。
通信制高校ではキャンパスを通う人もいますが、自宅で勉強も出来ます。そのため、朝はバイトをして、夜に勉強という時間を作ることが出来ます。全日制高校と異なり、自分のペースで勉強を進むことが出来ます。

  • 午前6時:起きる
  • 午前8時:仕事
  • 午前12時:昼休憩
  • 午後13時:仕事
  • 午後16時:帰宅
  • 午後5時:夕食
  • 午後6時:自宅で勉強
  • 午後12時:睡眠

というような学校から制限されずに勉強することが出来るのです。

通信制高校には進路指導が厚い(3)

「通信制高校だから進路指導の支援は薄いのでは」」と思う人がいます。実際のところ、通信制高校の支援は大きいです。それぞれの通信制高校にもよりますが、一人ひとりにあった進路相談をする学校が沢山あります。そのため、

  • 今後何をしたいのか分からない人、
  • どうすれば志望校に合格できるか悩みこむ人、
  • 自分の強みを探している人

など、そういった人に答えを導き出してくれる役割を果たしてくれます。

AO入試や推薦といった枠も設けられる(4)

私立、公立の通信制高校関わらず、全日制高校と同様に大学と提携していて、指定校推薦で受験することが出来ます。学校によっても異なりますが、AO入試に強い、センター試験に強い学校などがあります。どれも受験勉強に特化した学校です。進学に強い通信制高校を調べたい場合は右側の「難関大学に強い通信制高校」に詳細を紹介しています。興味のある方は是非活用してみてください。

通信制高校のデメリット

通信制高校のメリットの裏にはデメリットも存在します。

  • 自己責任でスケジュールを管理
  • 学校の人との関わりが少ない

全日制高校と比べ、通信制高校は先生や学校の監視が薄いため、自分が好きな時間帯で勉強できる一方、時間を有効活用しなければなりません。毎日計画を立てて勉強をしなければ、期間内に卒業することが出来ません。通信制高校を通うことは自身のタイムスケジュールのマネジメントは必要不可欠になります。自分の目指す大学に進学するためにはこのような覚悟が必要です。ただ、ある学校では生徒個人のタイムスケジュールを管理することもあるのでデメリットだとも一概に言えません。

また、通信制高校では一人で勉強しないとならないため、同級生と出会う機会が少ないです。昔ではそうかも知れなかったですが、一部の通信制高校では、学園祭、運動会、ディズニーを観光したりなど、人と関わる機会を多く設けています。そのため、通信制高校だから人との出会いがないとは言えません。

通信制高校は受験に不利?

「通信制高校出身であると大学に知られ大学受験に不利では?」
と不安に思う方がいます。安心してください、通信制高校だからといって受験に不利になることはありません。高校名は表示されますが、通信制高校の卒業証書には記載されません。そのため、大学側も通信制過程で修了したかどうかは分からないのです。全日制高校の人と平等に正々堂々と競い合うことが出来ます。

進学を目指す皆さんへ

いかがでしたか?これまで、通信制高校に進学できる理由をメリットからデメリットまで紹介してきました。全日制高校と通信制高校の進路状況を知らなかった方はこれで十分理解できたでしょう。

自分の行きたい専門分野で学びたい、どの道へ進めばよいか迷ってる、もう一度高校生活をやり直したいという方は進学すべきです。大学に行くことで自分の出来る選択肢が増えることが出来ます。進学に強い通信制高校をお探しの方はこちらをクリックしてください。

あなたの行動が今後の人生を左右します!