トップページ

特徴から探す

学校生活全般


  • 服装自由
  • インターネットによる講義
  • アルバイトOK
  • 芸能活動やスポーツ活動との両立可能
  • 通学回数が少なくて済む
  • 校舎が綺麗
  • 部活動が盛ん
  • eスポーツを学べる
  • 修学旅行や文化祭、体育祭が充実

勉強や進路


  • 合宿タイプのスクーリングあり
  • 資格を取得できる
  • プログラミングを学べる
  • 小学校や中学校の内容から学び直せる
  • 個別指導対応あり
  • 大学進学に強い
  • 就職サポートが充実
  • 英語以外の言語も学べる
  • 留学制度の充実
  • 学科やコースの設定が豊富

支援体制


  • 発達障害や起立性障害等に対応
  • カウンセラーがいる
  • いじめ・ひきこもり対応充実
  • 通学しながらの通院も可能

そもそも通信制高校って?

通信制高校を語るうえで、欠かせないのは通信制高校が「単位制」を採用していることです。「単位制ってなに?」と思われるかもしれませんが、単位制とは、3年以上の在籍で74単位取得することが卒業の条件になっている制度です。一方、通信制高校以外の高校で採用されているのが「全日制」です。全日制は、一年間で、定められたカリキュラムのなかで試験に合格することで単位が認められ、進級することができる制度です。通信制高校と他の高校の最大の違いは「単位制」か「全日制」かどうかであり、通信制高校は「単位制」であるために、全日制高校にはない様々なメリットがあります!以下で詳しく解説していきます。

通信制高校のカリキュラム

通信制高校の授業は、通う高校や選択するカリキュラムにもよりますが、基本的に自宅で学習を進めるか、週に1~3回ほど校舎に通うというのが一般的な形式です。単位取得もそれほど難しくはありません。単位は、定期的なレポートとスクーリングと呼ばれる面接指導、年に数回実施される試験を受けることで、単位を取得することができます。レポートと聞くと、「大変そう」と思われるかもしれませんが、通信制高校のレポートは先生が最初からある程度作成した状態で渡され、レポート内でところどころ空欄になっている部分を自分で埋めるか、あらかじめ選択肢が与えられておりそこから適切な選択肢を選ぶという形式です。また、スクーリングと呼ばれる面接指導は、月に2回程度実際に校舎に通い先生から直接指導を受ける制度です。普段の学習のなかで分からないところを、直接質問できる機会になっています。しかし、通信制高校に通う人の中には、「あまり人と関わりたくない」という人も多いと思いますが、スクーリングは先生が一方的にしゃべって終わるので、あまり人と話したくないという人も安心です。

通信制高校は単位制!

通信制高校は「単位制」を採用しています。一方、通信制高校以外の学校(全日制高校)では「学年制」が採用されています。単位制とは在学中に定められた単位数以上を取得することにより卒業できるのに対し、学年制では進級に必要となる単位数があらかじめ決められており、それを満たすことができないと進級することができません。通信制高校は単位制を採用しているため、多くのメリットがあります。 まず、単位制を採用していることにより、生徒は在学中に定められた単位を取得すれば良いので、「留年」が発生することはありません。また、学習スケジュールは個人で自由に決めることができるため、自分のライフスタイルに合わせて、学習することができます。また、全日制高校のような学年制を採用している学校では、高校2年時に文系か理系かの進路選択をする必要がありますが、単位制では、進路選択の機会が無いため、文系や理系という枠に縛られず、自分の興味・関心に合わせて様々な教科を履修することができます。

通信制高校にはどのような人が通っているか

通信制高校には、全日制高校の勉強についていけなくなった人や芸能活動やアスリート活動など学業以外に打ち込みたいことがある人、また既に働いているがもう一度学びなおしたい人などが通っています。「通信制高校は全日制高校を通えなくなった人が通う場所」として考えている人も多いかもしれません。確かにそのような側面を否定することはできませんが、それだけでなく、自らのライフスタイルや学力状況に応じて、継続した学習を可能にする「新たな高校の在り方」として機能しています。実際に、もともと不登校だった人が通信制高校に通うことで、自分と気の合う多くの仲間を作ることができたという人も数多くいます。また、通信制高校には勉強以外に役立つスキルを身につけることもでき、例えば、美容専門コースへの通学により、ネイリストの夢を叶えたという人やeスポーツの専門コースに通い、プロのゲーマーとして活躍している人など、通信制高校への通学を通じて自分の夢を実現した人が数多くいます。このように、通信制高校には明確な自分の目標を持って通学している人がたくさんいるのです。

通信制高校の学費

通信制高校への通学を考えている人の中には、「通信制高校の学費ってくらいかかるの?」といった疑問を抱えていらっしゃる人も多いのではないでしょうか。通信制高校の学費は公立と私立で異なります。以下で詳しく解説していきます!

公立の通信制高校

公立の通信制高校の場合は、学校や選択するコースにもよりますが、だいたい入学金が500円ほどで、授業料は年間1~3万円ほどになります。しかし、公立の通信制高校の学費は就学支援金制度を利用することにより、世帯年収に応じて支援金も異なりますが、最大で年間の授業料を無料にすることも可能です。ぜひ以下のサイトを参考にしてみて下さい。

私立の通信制高校

私立の通信制高校の場合は、学校や選択するコースにもよりますが、だいたい入学金が2万~5万円ほどで、授業料は安い場合で年間20万円ほど、高い場合で年間100万円ほどかかります。また、私立の通信制高校の場合でも、公立の場合と同様、就学支援金制度を利用することにより、これも世帯年収によって異なりますが、年間約12万円ほどの支援を受けることができます。ぜひ以下のサイトを参考にしてみて下さい。また通信制高校は学費の面からみると、私立より公立のほうが安く、公立のほうを選んでしまいたくなりますが、学費が高い分、私立はサポート体制も充実しており、学習面や精神面で不安がある人は、私立の通信制高校のほうが良い場合も多いので慎重に判断しましょう。

通信制高校におけるサポート校の存在

皆さんは通信制高校には「サポート校」と呼ばれるものがあるのをご存じでしょうか。通信制高校とよく一緒に紹介されるのがサポート校ですが、両者はまったく性格の異なるものなので注意しましょう。分かりやすく言えば、通信制高校はいわゆる一般的な高校と同じであるのに対し、サポート校はそれを補完する塾や予備校と同じような存在です。そのため、通信制高校では高卒認定資格が取れるのに対し、サポート校では高卒認定資格が取れないので注意しましょう。サポート校はあくまで通信制高校の補助的な位置づけになります。

サポート校の役割・特徴

サポート校は、通信制高校の補助的な位置づけになるため、サポート校で高卒認定資格を取得することはできません。「なら、何のためにサポート校を利用するの?」と思われるかもしれません。しかし、通信制高校をしっかり3年で卒業するのは実は難しいのです。事実、途中で挫折してしまい卒業に何年もかかってしまったり、途中でやめてしまう人も多いのが実情です。そこで大変役に立つのがサポート校です。このサポート校は大半が通信制高校に付随しているものが多く、通信制高校と併用しやすいのが特徴です。基本的には通信制高校に入学したタイミングで同時入学することになります。なお、サポート校は、自宅学習が中心の通信制高校と違い、通学制になります。しかし、通学制ではあるものの休み時間も教師が教室に残りいじめなどが起こらないようにしているサポート校や最初のクラス分けの時点で配慮がなされているサポート校も非常に多いので、「煩わしい人間関係を避けたくて通信制高校に入ったのに通学なんて」と思われたかもしれませんが、安心して大丈夫ではないでしょうか。以下でサポート校でのメリットについて紹介していきます。

生徒への手厚いサポート

サポート校では少人数クラス、担任制を採用しているため、1人1人にきめ細かい指導をおこなうことができます。個人の進度に合わせて指導ができるため、「勉強をしっかり見てほしい!」という人にピッタリです。また、過去に不登校になってしまったなど通学に際して苦い経験がある人へのサポートも整備されています。実際に通学することが困難である人には、教師が自宅まで行き、生徒の学習を補助する、また週一からの登校で徐々にペースをあげていくなど個人の事情に合わせて様々なサポートを受けることができます。

自由度が高い

サポート校で学べる内容は芸術やアートなど多岐にわたります。基本的に午前中は通信制高校で教科科目の勉強、午後はサポート校で自分の興味や趣味にあったものを勉強するというのが一般的なパターンです。このような活動を通じて自分の将来を考えるきっかけとなるでしょう。また、校則が非常に緩いのもサポート校の大きな特徴です。サポート校では制服ではなく私服が許可されているうえに、髪色も自由、アルバイトもOKなど、自分のライフスタイルに合わせた通学が可能であるために、非常に通いやすいといえます。加えて、通信制高校は自宅学習が中心なため、他の生徒と交流する機会はあまり多くありませんが、 このような活動を通じて友だちを作ることもできます!

サポート校でかかる費用

サポート校でかかる費用は、週に何回通うかで大きく異なるので注意しましょう。例えば、週1回の通学の場合、約30,000円、週2回の通学の場合、約550,000円、週3回の通学だと約80,000円かかります。また、専門的なカリキュラムを導入している場合は、これにさらにプラスしてかかる場合もあるので、資料等で確認してから申し込みましょう。ただ、専門学校と併用するよりは安く済みます。

通信制高校とサポート校の併用はメリット大!

先にも少し触れましたが、通信制高校の卒業はそれほど容易ではありません。そのなかで、サポート校は通信制高校の卒業をアシストしてくれるだけでなく、様々な専門知識を身につけることができ、とても魅力的です。特に、通信制高校の卒業後の進路は必ずしも安泰ではなく、進路が決まらないまま卒業してしまう人も多いなか、専門知識を身につけ、さらに資格等を取得できれば、将来的な心配もしなくて済むので安心です。しかし、上で触れたようにサポート校は学費が少々高いのが難点かもしれません。しかし、3年できっちり卒業できる人がすくないなか、サポート校を利用することにより、3年で卒業でき、かつ卒業後の進路も決めることができるとなれば、コストパフォーマンスは大変よいと言えます。

通信制高校を選ぶ際の注意点

皆さんは学校を選ぶ際に、どのようなことを重視しますか。雰囲気、生徒の様子、制服、部活等いろいろあると思います。上で見たように、通信制高校と一口に言っても、種類はさまざまあり、通信制高校は通う学校によっても、自分が選択するコースによっても異なるので、なかなか選ぶのは難しいと思われます。まずは、自分に合った通信制高校を選ぶために、ぜひこのサイトの記事を参考に通信制高校に関する情報を集めてみるとともに 、資料請求してみましょう!特に、通信制高校への通学を考えている人の中には、仕事をしながらの通学を考えている人や以前に通っていた学校でいじめに遭ってしまったり、不登校になってしまったという人も多いのではないでしょうか。通信制高校は多様なコースを用意しているので、自分の性格やライフスタイルに合った、自分だけの通信制高校がきっと見つかるはずです!

juadminをフォローする
進学に強い通信制高校特集
タイトルとURLをコピーしました